nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「停留所新設」に関する記事

4月1日ダイヤ変更 高樋線をコミュニティバスに転換など

奈良交通は4月1日に一部の路線でダイヤを変更する。

  • 高樋線を廃止、奈良市のコミュニティバスに転換
  • 市内循環内回りを増便、8分毎に運行
  • 住宅地への路線を新設
  • 各地で停留所名を改称
  • JR奈良駅ののりばを変更(JR奈良駅のりば変更を参照)

詳細は下記のとおり。運行時刻の変更と路線・系統の改廃は営業所別に記載。

エヌシーバス郡山営業所

  • 奈良市街と奈良市精華地区を結ぶ高樋線を廃止し、奈良市が運行するコミュニティバスに転換する。コミュニティバスは、4月1日から米谷町-下山-南福祉センターの区間で運行する予定である。
    廃止する系統 [34]JR奈良駅西口-奈良東病院-米谷町
    [54]米谷町→山村町→JR奈良駅西口
    廃止する停留所 納戸原、上山、精華学院、柳茶屋、高樋中町、高樋町、精華小学校、椿尾町、興隆寺町、中畑町、米谷町
  • 八条町線(近鉄奈良駅-杏中町ほか)の運行時刻を変更する。JR奈良駅ののりば変更により所要時間が変わるため。
  • ◆四条大路線で日曜・祝日に運行する[9]JR奈良駅→四条大路南町系統の運行時刻を1~2分繰り下げる。のりば変更により所要時間が変わるため、また、JR奈良駅の同じのりばから発車する他の系統と調整するため。

奈良営業所

  • 市内循環線の[1]市内循環内回りを増便し、日中の運転間隔を現行の10分から8分に短縮する。
    [2]市内循環外回りの平日5時台の2本と、[6]中循環内回りの平日7時台の1本で運行時刻を変更する。
  • 市内循環線の[5]中循環内回りを廃止する。
    廃止する系統 [5]中循環内回り
  • 奈良天理線のJR奈良駅の発着を、西口から東口に変更する。のりば変更により所要時間が変わるため、また、JR奈良駅の同じのりばに山村線など他の路線も発着するようになるため、運行時刻を変更する。
    JR奈良駅の発着を
    西口から東口に変更する系統
    [44]JR奈良駅→添上高校→天理駅
    [50]JR奈良駅-天理駅
    [51]JR奈良駅-下山
    [53]JR奈良駅-窪之庄
    [73]JR奈良駅-シャープ総合開発センター
    [82]JR奈良駅-憩の家病院-天理駅
    [92]JR奈良駅-憩の家外来棟-天理駅
    [182]天理駅→憩の家病院→奈良東病院→JR奈良駅
    [192]JR奈良駅-奈良東病院-憩の家外来棟-天理駅
    [250]JR奈良駅→奈良東病院→天理駅
  • 山村線(JR奈良駅-藤原台・山村町)と佐保スクール線(JR奈良駅-佐保短期大学・鹿野園町)は、JR奈良駅ののりば変更で所要時間が変わるため、また、JR奈良駅の同じのりばに奈良天理線も発着するようになるため、運行時刻を変更する。
  • 奈良白土線(近鉄奈良駅-シャープ前・白土町ほか)と奈良イオンモール線(近鉄奈良駅-杏南町・イオンモール大和郡山)の運行時刻を変更する。JR奈良駅ののりば変更で所要時間が変わるため。
  • 早朝に片道1本だけ運行していた、奈良白土線の下記系統を廃止する。かわりに、シャープ前5時02分発[79]近鉄奈良駅行きを運行する。
    廃止する系統 [147]北神殿→近鉄奈良駅
  • ★柳生スクール線の登校時の運行時刻を変更する。両系統は1年ごとに登校時の運行順序を入れ替えている。また、下校時の運行本数を変更する。
    時刻を変更する系統 [文]水越神社→柳生小学校 (水越神社発 7:25 → 8:05)
    [文]北野山→柳生小学校 (北野山発 8:01 → 7:25)
    [文]柳生小学校→水越神社(火曜日の運行を取りやめる)
    [文]柳生小学校→北野山 (1便増発。運行時刻は期間に応じて4通り設定される。)
  • そのほか、下記の系統で運行時刻を変更する。
    • 県立奈良病院線[43]近鉄奈良駅-県総合医療センター(平日)
    • 六条山線[72]高畑町-六条山(平日17時台の六条山行き1便)
    • 六条山線[64]西の京駅(※)-六条山(平日18時台の六条山行き1便)
      (※4月1日から「西ノ京駅」に改称。下記「その他」の項目参照)
    • 阪奈道路線[160]高畑町-学園前駅(平日8時台と土曜・日曜・祝日17時台の学園前駅行き各1便)
    • ★笠置線[文]興東中学校(※)-広岡(下校時の広岡行きの1便。運行時刻は期間に応じて4通り設定される。)
      (※4月1日から「興東館柳生中学校」に改称。下記「その他」の項目参照)
    • ★二条尼ヶ辻線[文]平城宮跡-都跡小学校(登校時の都跡小学校行き1便)

平城営業所

  • ◆木津城山台線を新設する。両系統あわせて1時間に1~2本運行する。
    新設する系統 [13]木津駅東口→京大農場→木津城山台九丁目→木津駅東口
    (木津城山台循環・外回り)
    [14]木津駅東口→木津城山台九丁目→京大農場→木津駅東口
    (木津城山台循環・内回り)
    新設する停留所 京大農場、木津城山台六丁目、木津城山台五丁目、木津城山台十一丁目、木津城山台十二丁目
  • 高の原梅美台線[31]高の原駅-梅美台三丁目系統を日中に増発し、同区間では[33]高の原駅-木津駅東口系統とあわせて、日中も1時間あたり2本運行する。
    また、[33]高の原駅-木津駅東口系統の運行時刻を変更する。

北大和営業所

  • 富雄団地循環線を延長し、日中は1時間に1本、三松ヶ丘に乗り入れる。三松ヶ丘では、2014年9月にコミュニティバスの実証運行試験が行われていた。(富雄地区でコミュニティバス実証実験運行を参照。)
    新設する系統 [58]富雄駅→富雄団地北町→三松ヶ丘→富雄駅
    (富雄団地・三松ヶ丘循環)
    新設する停留所 三松ヶ丘緑地、三松ヶ丘、三松ヶ丘公園
  • 富雄庄田線(富雄駅-傍示ほか)を延長し、生駒北スポーツセンターに乗り入れる。土曜・日曜・祝日の富雄駅-傍示系統は、すべて富雄駅-生駒北スポーツセンター系統に変更する。
    また、土曜・日曜・祝日の庄田17時43分発[152]富雄駅行きは、生駒北スポーツセンター17時29分発[156]富雄駅行きに変更する。
    そのほか、土曜・日曜・祝日の富雄駅の発車時刻を一部変更する。

    新設する系統 [156]富雄駅-学研北生駒駅-傍示-生駒北スポーツセンター
    [157]富雄駅→育英西校→学研北生駒駅→傍示→生駒北スポーツセンター
    新設する停留所 生駒北スポーツセンター
  • 上町生駒線[188]学研北生駒駅→生駒台→生駒駅系統は、新生駒台北口停留所を通過する。
  • ◆学園前若草台線の学園前駅9時30分発[27]若草台行きと、若草台10時00分発[27]学園前駅行きを増発する

西大和営業所

  • 三郷線の運行経路と運行時刻を変更する。城山台三丁目、信貴山下駅への乗り入れを取りやめ、勢野北地区、王寺駅に乗り入れる。
    城山台一丁目-城山台三丁目の区間は三郷線に代わって信貴山線が乗り入れるが、朝夕の運行はなくなり、日中に5往復のみの運行になる。
    [20]信貴山下→城山台五丁目→三郷駅系統を廃止し、[18]信貴山下→万葉荘園前系統を増発する。
    信貴山線は日中の便を中心に運行時刻を変更する。

    新設する系統 [29]王寺駅北口-勢野北一丁目-城山台五丁目-三郷駅
    [43]王寺駅北口-信貴山下駅-城山台三丁目-信貴山門
    廃止する系統 [15]信貴山下駅-城山台三丁目-三郷駅
    [20]信貴山下→城山台五丁目→三郷駅
    [33]三郷駅→城山台三丁目→信貴山下駅→城山台五丁目→三郷駅
    [35]三郷駅→城山台五丁目→信貴山下駅→城山台三丁目→三郷駅
    新設する停留所 三郷中央公園、勢野北一丁目、勢野北二丁目、勢野北三丁目、勢野北五丁目
  • 信貴山下駅の王寺駅北口行きののりばを、1番のりばから2番のりばに変更する。2番のりばに発着していた三郷線の運行がなくなったため。
  • 奈良学園大学線[14]三郷駅-奈良学園大学系統の平日の夕方の運行時刻を一部変更する。

葛城営業所

  • 飛鳥線の運行経路と運行時刻を変更する。明日香村岡地区の電線地中化工事が完了したため。
    2012年12月から、日中は万葉文化館、治田神社経由で運行していたが、本来の経路に戻し、万葉文化館西口、岡戎前経由で運行する。(飛鳥線の一部系統で運行経路変更を参照)

    運行経路を変更する系統 [15]橿原神宮駅東口→明日香小山→飛鳥資料館→飛鳥大仏前→石舞台→岡寺前→檜前
    [16]橿原神宮駅東口-飛鳥資料館-飛鳥大仏前-石舞台・岡寺前-飛鳥駅 (往復とも石舞台→岡寺前の順で運行)
    [17]橿原神宮駅東口→飛鳥資料館→飛鳥大仏前→石舞台→岡寺前
    [22]健康福祉センター→石舞台→岡寺前→飛鳥大仏前→飛鳥資料館→明日香小山→橿原神宮駅東口
    [23]橿原神宮駅東口-明日香小山-飛鳥資料館-飛鳥大仏前-石舞台・岡寺前-飛鳥駅 (往復とも石舞台→岡寺前の順で運行)
    [文]健康福祉センター→岡寺前→飛鳥大仏前→橿原神宮駅東口

飛鳥線・明日香周遊バス路線略図

  • 大台ヶ原線で土曜・日曜・祝日に運行している[特急]大淀バスセンター→大台ヶ原系統を、[特急]上市駅→大台ヶ原系統に変更する。[特急]大台ヶ原→大淀バスセンター系統は現行どおり運行する。
    今年の大台ヶ原線の運行は、4月25日から11月23日まで。
  • 南大和ネオポリス線[56]五條駅北口-田園五丁目系統の平日夜間の運行時刻を変更する。

京都営業所

  • 同志社線(新田辺駅・三山木駅-同志社大学デイヴィス記念館ほか)を同志社大学多々羅キャンパスまで延長する。あわせて各系統の運行時刻を変更する。
    新設する系統 [110]三山木駅-同志社大学デイヴィス記念館-同志社大学多々羅キャンパス
    [111]同志社大学多々羅キャンパス→同志社大学デイヴィス記念館→興戸→新田辺駅
    同志社大学正門→同志社大学デイヴィス記念館→同志社大学多々羅キャンパス
    新設する停留所 同志社大学多々羅キャンパス

その他

  • JR奈良駅(東口)ののりばを変更し、西口ののりば番号を東口の番号と重複しないように改める。 (詳細はJR奈良駅のりば変更を参照。)
  • 下記のとおり停留所名を変更する。
    停留所名の変更 県新公会堂 → 奈良春日野国際フォーラム甍前
    大仏殿春日大社前 → 東大寺大仏殿・春日大社前
    西の京駅 → 西ノ京駅
    興東中学校 → 興東館柳生中学校
    ドリームランド → 法連佐保山三丁目
    黒髪奈保町 → 奈保町
    三郷今井 → 立野南二丁目
    湯ノ口 → 奈良学園大学東口
    イーストヒルズ勢野西 → 奈良学園大学信貴山グラウンド
    はなさとほいくえん → はなさとこども園

10月1日ダイヤ変更

奈良交通は10月1日に各線でダイヤを変更する。

(東吉野村内路線の休止については「東吉野村内の路線を休止」を参照。)

  • 平日のJR奈良駅発11時11分の[77]緑ヶ丘浄水場前行きを増回する。
  • 加茂線の「梅美台三丁目」停留所に南行きのりばを新設するほか、運行時刻を変更する。
  • [文]高の原駅-奈良大学構内系統の運行時刻を変更する。
  • 木津川市城山台地区の開発の進捗に伴い、木津南循環線に「木津城山台中央」「木津城址公園」「木津城山台九丁目」停留所を新設し、運行時刻を変更する。
  • 学園緑ヶ丘線の「西奈良中央病院前」停留所を「百楽園五丁目」に改称する。西奈良中央病院は9月1日に約800m東(鶴舞町六丁目停留所付近)に移転している。
  • 富雄庄田線で系統を変更するほか、運行時刻及び運行回数を変更する。主に学研北生駒駅から傍示の間で始発を繰り下げ、最終を繰り上げる。
    延長 [154]富雄駅→育英西校→傍示 (庄田→傍示を延長)
  • 天理桜井線の桜井駅北口発[60]川合東口経由天理駅行きを、早朝に1便(土曜日は2便)増回する。
  • 榛原東吉野線の運行回数減回にあわせて古市場線で運行回数を増回するほか、大宇陀線で運行時刻を変更する。
  • 八木御所線の大半を橿原神宮駅発着とし、八木駅への乗り入れは平日のみ3往復に減回する。
  • 飛鳥線(明日香周遊バス)の健康福祉センターと天武・持統陵の間を、中央公民館、野口経由で運行する。

信貴山線を信貴山門へ延長

奈良交通は4月28日から信貴山線の運行区間を一部変更した。終点を三室園東口から信貴山門に変更し、地域住民の利便や観光振興を図る。

日中の便はすべて信貴山門までの運行とし、信貴山停留所での折り返しは早朝夜間の一部の便のみとする。

  • 系統の変更
    旧 [32]信貴山下駅-信貴山-三室園東口
    新 [32]信貴山下駅-信貴山-信貴山門
  • 新設停留所:「信貴山門」
  • 廃止停留所:「信貴山西町」「三室園東口」

安堵町コミュニティバス運行開始

安堵町は4月23日からコミュニティバスの運行を始めた。運行は奈良交通に委託する。

安堵町では公共交通の整備が町政の課題となっていた。2011年に安堵町地域公共交通会議を設置し、全世帯を対象にしたアンケートや、実際にバス車両を用いた通行実験を行うなど、コミュニティバス運行の準備を進めてきた。

主な経路と運賃は下記のとおり。

  • 中通りルート
    笠目-西安堵-安堵町役場-岡崎-平端駅
  • 南回りルート
    安堵町役場-柿の里-若草の里-かしの木台-窪田-平端駅
  • 運賃
    町内乗降の場合:大人100円、小人50円
    平端駅で乗降の場合:大人200円、小人100円
    (バス利用促進と周知のため、4月30日までは無料)
  • 乗継割引
    安堵町役場で奈良交通かしの木台住宅線(法隆寺駅-かしの木台一丁目・住江織物)と乗り継ぐ場合、乗り継ぎチケットを発行する。乗り継ぎチケットで、乗り継ぎ後のバスの運賃から50円を割り引く。

安堵町コミュニティバスの運行にあわせて、奈良交通はかしの木台住宅線を安堵町役場に乗り入れ、「安堵町役場」「農協前」「東安堵東口」「安堵中央公園」停留所を新設した。

安堵町内から平端駅へは、かつて奈良交通の路線バスが運行されていたが、2005年4月に廃止された。コミュニティバスの運行により、平端駅への公共交通が7年ぶりに復活した。

奈良市南福祉センターへ路線新設

奈良交通は4月8日に南福祉センター線の運行を開始した。奈良市永井町に開設された奈良市南福祉センターと近隣地区を結ぶ路線で、センター休館日は運休となる。

路線新設に伴い、護国神社-古市間に「古市老人憩の家」停留所を新設した。

新設系統は下記のとおり。

新設[21]東循環 南福祉センター→山村町→藤原台→鹿野園町→南福祉センター
新設[22]南福祉センター→下山
新設[31]西循環 南福祉センター→JR奈良駅西口→杏中町→南福祉センター