nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「葛城登山線」に関する記事

新型コロナウィルス感染拡大の影響(路線バス)

新型コロナウィルス感染拡大の影響は、奈良交通の路線バスの運行にも及んだ。

奈良県が緊急事態宣言の対象に加えられたことで、観光地の路線を中心に運休や減便が相次いだが、解除に伴い順次運行を再開した。

ただし、ぐるっとバスの運休と大台ヶ原線の減便は継続している。(7月4日現在)


(この記事は、運休から運行再開までの経過がわかるように順次追記を行ってきましたが、7月4日で更新を停止します。以後の経過は、新しい記事として掲載します。)


生駒山麓公園ふれあいセンター

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、生駒山麓公園は4月11日より一部施設を休館している。

これに伴い、奈良交通は4月11日から生駒山麓公園ふれあいセンター線を運休している。

公園施設の部分再開に伴い、5月20日から運行を再開した。

ぐるっとバス

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の対象が全国に拡大されたため、ぐるっとバス(大宮通りルート、奈良公園ルート、若草山麓ルート)は4月18日から緊急事態宣言が解除されるまで全便運休する。

(当初は運休期間を5月6日までとして、7日以降も運休を継続する可能性があるとしていた。)

5月14日に奈良県における緊急事態宣言は解除されたが、引き続き当面の間運休する。7月4日現在、運行再開のめどは立っていない。

浄瑠璃寺への急行系統

急行[112]JR奈良駅西口-浄瑠璃寺系統は、4月24日から当面の間運休する。

6月2日から運行を再開した。

馬見丘陵公園

[33]五位堂駅-馬見丘陵公園系統は、4月25日から当面の間、馬見北三丁目-馬見丘陵公園の間を運休する。([35]五位堂駅-馬見北三丁目系統で運行する。)

5月19日から馬見丘陵公園までの運行を再開した。

三輪明神

桜井駅北口-三輪明神大神神社二の鳥居、桜井駅北口-三輪恵比須神社の各系統は、4月25日から当面の間運休する。

6月6日から運行を再開した。

飛鳥・キトラ

[16][23]橿原神宮前駅東口-飛鳥駅系統は、4月25日から当面の間、高松塚停留所を休止する。また、4月29日から当面の間、季節運行便を運休する。

[44]飛鳥駅-キトラ系統は、4月25日から当面の間運休する。

高松塚停留所の使用とキトラ系統の運行は5月19日から再開した。

大台ヶ原

[230]大和上市駅-大台ヶ原系統は、4月25日から当面の間運休する。

5月16日から運行を再開したが、土日祝日も平日ダイヤで運行(運行本数は2往復から1往復に減少)する。

当初は4月25日から当面の間土日祝日も平日ダイヤで運行する予定をしていたが、直前になって25日から5月6日までの運休が決まった。さらに、緊急事態宣言が延長されたため、5月7日以降も当面の間運休することになった。

葛城山

[80][88]近鉄御所駅-葛城ロープウェイ前系統は、4月29日から5月17日まで季節運行便を運休する。通年運行の便は通常通り運行する。

イオンモール大和郡山

[11]近鉄郡山駅-イオンモール大和郡山、[21]JR郡山駅-イオンモール大和郡山の各系統は、5月11日から当面の間、運行本数を減らして運行する。

どちらの系統も午前中はおおむね毎時3本、午後は毎時2本運行する(夜間は増減あり)。

5月23日から元の運行ダイヤに戻して運行する。

車内最前列座席の使用停止

乗客と乗務員の接触を避けるため、4月21日頃から車内最前列の座席(運転席側、乗降扉側)の使用を停止している。

6月から運転席後方の座席は、順次使用を再開している。ただし、前扉後方の座席は引き続き使用できない。

葛城登山線で迂回運行 20年12月まで

御所市内の道路工事のため、奈良交通は葛城登山線の大正農協-櫛羅の区間で迂回運行を実施する。

  • 期間:2020年6月1日~12月25日(予定)

迂回運行の期間中は、大正農協、新屋敷、櫛羅口、櫛羅の各停留所を迂回経路に移設する。

葛城登山線で迂回運行 2020年3月まで

御所市内の道路工事のため、奈良交通は葛城登山線の一部区間で迂回運行を実施する。

  • 期間:2019年8月1日~2020年3月31日(予定)
  • 迂回区間:大正農協~櫛羅

迂回運行の期間中は、大正農協、新屋敷、櫛羅口、櫛羅の各停留所を迂回経路に移設する。

葛城ロープウェイ延長運転に伴う臨時バスの運行

奈良交通は8月1日から5日まで、夜間に葛城登山線(近鉄御所駅-葛城ロープウェイ)で臨時バスを運行する。

近鉄葛城ロープウェイが21時まで延長運転するのにあわせたもので、近鉄御所駅発は2便、葛城ロープウェイ発は3便運行する。ロープウェイとバスの車内ではプラネタリウムの投影を行う。

臨時バスの発車時刻は下記のとおり。

近鉄御所駅発 18:45 19:45
葛城ロープウェイ発 19:15 20:15 21:15
(近鉄葛城ロープウェイは、17:30から21:00まで15分~30分間隔で運転)

10月1日ダイヤ変更

奈良交通は10月1日に各路線で運行ダイヤを変更し、南和地区などで路線を休止する。休廃止区間では、一部を除き自治体によって代替交通機関が確保される。

  • 天理上野線を休止する。同じ区間の三重交通の路線は引き続き運行される。
    休止 特急[16]天理駅-上野市
  • 榛原大野線を休止する
    休止 [51]榛原駅-室生口大野駅
  • 榛原ネオポリス線の天満台東三丁目-山辺東を休止する。
    休止 [22]榛原駅-天満台東三丁目-山辺東
  • 東吉野新子線の下記系統を廃止し、榛原新子線と東吉野村内線を新設する。
    廃止 新子→杉谷(東吉野新子線)
    (新子-高見平野-杉谷系統は引き続き運行)
    新設 [73]榛原駅-鷲家-千代橋-新子(榛原新子線)
    新設 大又-鷲家-杉谷(東吉野村内線)
    新設 大又→鷲家→新子(東吉野村内線)
    新設 大又→麦谷→高見平野→杉谷(東吉野村内線)
  • 五條野迫川線を休止する。
    休止 [5]五條バスセンター-野川上村
  • 奥谷線の県立五条病院前-大堀口と平沼田線の金剛寺-野原東口を休止し、両線を統合する。
    休止 [23]五條バスセンター-一の木橋-奥谷(奥谷線)
    休止 [30]五條バスセンター-金剛寺-谷の宮(平沼田線)
    新設 [34]五條バスセンター-谷の宮-奥谷(平沼田線)
  • 五條富貴線の五條町-阪合部局前を休止し、県立五條病院経由とする。
    休止 [36]五條バスセンター-二見駅-東富貴
    新設 [35]五條バスセンター-黒駒-東富貴
  • 十津川線の下記系統を廃止または休止する。
    休止 [2]五條バスセンター-湯の峰温泉
    廃止 [3]五條バスセンター-上野地
    休止 [14]上野地→十津川温泉→湯の峰温泉
    休止 [15]本宮大社前→十津川温泉→上野地
  • 高田五條線の下記系統を廃止する
    廃止 [162]五條バスセンター→かもきみの湯→忍海
  • 南大和ネオポリス線で下記系統を新設する
    新設 五條駅北口→五條高校
  • 南大和ニュータウン線を休止し、八木下市線の一部の便を南大和ニュータウン経由で運行する。
    休止 [29]下市口駅-南大和三丁目
    新設 [222]八木駅-南大和三丁目-下市口駅-岩森
  • 下市城戸線で系統を変更する。
    休止 [21]下市口駅-寺内-十日市
    新設 [22]下市口駅-寺内-平原
  • 黒滝線の才谷以南を休止し、才谷-岩森の区間を才谷線とする。
    休止 岩森→才谷→赤滝
    休止 寺戸→才谷→岩森
    休止 中戸-黒滝案内センター
    休止 赤滝-中戸-黒滝案内センター
    新設 才谷-岩森
  • 熊野線の小井隧道口以南を廃止し、下桑原-小井隧道口-大小井-池原を休止する。
    廃止 新宮駅-河合
    廃止 新宮駅-池原
    休止 小井隧道口-大小井-池原
    休止 上桑原-大小井-上池原
    休止 池原-池峯-小井隧道口
    休止 湯盛温泉杉の湯-上桑原
    新設 湯盛温泉杉の湯-下桑原
  • 杉の湯柏木線を休止する
    休止 湯盛温泉杉の湯-柏木
  • 入之波線を休止する
    休止 湯盛温泉杉の湯-入之波温泉
  • 奥宇陀線の上田口弁天-高石を栂阪トンネルに載せ替え、辰尾橋を経由しない経路で運行する。
  • 十津川線、野原循環線、五條日裏線、五條西吉野線、下市城戸線の運行回数を削減するほか、五條西阿田線の土曜日の運行を取りやめ、平日のみの運行とする。
  • このほか、下記の路線で運行回数の変更や時刻の変更を行う。
    (運行回数の変更)
    天理桜井線、天理都祁線、奥宇陀線、室生線、毛原線、古市場線、榛原東吉野線、榛原ネオポリス線、高田五條線、高田新家線、葛城登山線、智辯スクール線
    (時刻の変更)
    山村線、南大和ネオポリス線、八木五條線、奈良文化女子短期大学線、高田ダイヤモンドシティ線