nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「路線」に関する記事

土砂崩れによる運休が相次ぐ(2024年7月)

7月上旬から中旬にかけて、県内で土砂崩れが相次いで発生し、奈良交通の路線バス・コミュニティバスの運行に影響が及んでいる。

奥宇陀わくわくバス

7月7日深夜、曽爾村山粕の国道369号線で土砂崩れが発生し、安全が確保されるまで付近は通行止めとなっている。

奈良交通は7月8日から、宇陀地域連携コミュニティバス「奥宇陀わくわくバス」の弁財天-曽爾村役場の区間を運休している(榛原駅-弁財天の区間で運行)。

大台ヶ原線

7月12日午前、川上村伯母谷の主要地方道大台ヶ原公園川上線で土砂崩れが確認されたため、付近で通行止めとなっている。

奈良交通は、大台ヶ原線の和佐又山登山口-大台ヶ原の区間を運休している(イオンモール橿原-和佐又山登山口の区間で運行)。

R169ゆうゆうバス 全線の運行を再開

下北山村上池原で一般車両通行止めとなっていた国道169号線は、6月28日5時30分から仮橋の交互通行による一般車両の通行を再開した。この区間の通行止めは2023年12月23日夜から続いていたが、斜面の監視体制が整備され、半年ぶりに一般車両が通行できるようになった。

R169ゆうゆうバスは前鬼口-下桑原の区間を運休していたが、29日から全線の運行を再開した。

高速バス奈良名古屋線ダイヤ変更 7月1日から

奈良交通と名鉄バスは、7月1日から高速バス奈良名古屋線の運行時刻を変更する。

名鉄バスセンター発19:30の便は天理駅を経由しているが、天理駅への乗り入れは廃止する。

7月1日からの運行時刻は下記のとおり(太字は時刻または経由地を変更する便)。

  • JR奈良駅発 6:50、11:50、14:5019:10
  • 名鉄バスセンター発 7:40、11:2014:50、19:30(天理駅は経由しない)

2024年は矢田寺臨時バスの運行なし

奈良交通は、あじさいの見ごろに運行する矢田寺への臨時バスを、本年は運行しないこととした。

矢田寺へは下記の定期バスを利用するよう案内している。

  • [20]近鉄郡山駅-矢田寺前
  • [71][72]近鉄郡山駅-大和小泉駅東口(横山口下車)