nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「山村線」に関する記事

お盆期間中の運行

奈良交通はお盆期間中に下記のとおり運行を変更する。

土曜ダイヤへの変更

奈良交通とエヌシーバスは、一部を除き、8月13日から15日まで土曜ダイヤで運行する。

8月13日から15日まで
平日ダイヤで運行 広域通院ライン
桜井市コミュニティバス桜井初瀬線・朝倉台線
運 休 深夜バス各系統
桜井駅北口-三輪明神大神神社二の鳥居前系統
深夜急行バス「はんな号」(16日(17日未明)も運休)

奈良公園内交通規制に伴う経路変更

8月15日は奈良公園付近で交通規制が敷かれることから、市内循環線、山村線などで運行経路を変更する。

規制時間は19時40分から21時頃までで、この時間帯に県庁東交差点を通過する高畑町方面行きと、高畑町交差点をに通過するJR奈良駅方面行きを、奈良ホテル経由で運行する(奈良ホテル停留所には停車しない)。

当日は高円山で「大文字送り火」、春日大社で「中元万燈籠」、東大寺で「万燈供養会」が催され、多数の観光客・参拝客の来訪が予想される。奈良交通では、規制時間にかかわらず、16時から22時まで奈良公園周辺でバスの大幅な遅延が予想されると案内している。

お盆期間中の運行

奈良交通はお盆期間中に下記のとおり運行を変更する。

土曜ダイヤへの変更

奈良交通とエヌシーバスは、8月15日は土曜ダイヤで運行する。

ただし、リハビリセンター線、桜井市コミュニティバス朝倉台線は平日ダイヤで運行し、桜井駅北口-三輪明神(二の鳥居前)系統は運休する。

また、大阪と奈良を結ぶ深夜急行バス「はんな号」は16日(17日未明)も運休する。

奈良公園内交通規制に伴う経路変更

8月15日は奈良公園付近で交通規制が敷かれることから、市内循環線、山村線などで運行経路を変更する。

県庁東交差点を19時45分から21時頃までに通過する高畑町方面行きと、破石町交差点を19時45分から21時頃までに通過するJR・近鉄奈良駅方面行きを、奈良ホテル経由で運行する。

当日は高円山で「大文字送り火」、春日大社で「中元万燈籠」、東大寺で「万燈供養会」が催され、多数の観光客、参拝客の来訪が予想される。奈良交通では、規制時間にかかわらず、16時から22時まで奈良市内でバスの遅延が予想されると案内している。

お盆期間中の運行

奈良交通はお盆期間中に下記のとおり運行を変更する。

土曜ダイヤへの変更

奈良交通とエヌシーバスは、8月13日は土曜ダイヤで運行する。

ただし、リハビリセンター線、桜井市コミュニティバス朝倉台線・多武峯線は平日ダイヤで運行し、桜井駅北口-三輪明神(二の鳥居前)系統は運休する。

また、大阪と奈良を結ぶ深夜急行バス「はんな号」は16日(17日未明)も運休する。

奈良公園内交通規制に伴う経路変更

8月15日は奈良公園付近で交通規制が敷かれることから、市内循環線、山村線などで運行経路を変更する。

県庁東交差点を19時45分から21時頃までに通過する高畑町方面行きと、破石町交差点を19時45分から21時頃までに通過するJR・近鉄奈良駅方面行きを、奈良ホテル経由で運行する。

当日は高円山で「大文字送り火」、春日大社で「中元万燈籠」、東大寺で「万燈供養会」が催され、多数の観光客、参拝客の来訪が予想される。奈良交通では、規制時間にかかわらず、16時から22時まで奈良市内でバスの遅延が予想されると案内している。

奈良公園で社会実験実施

奈良県と奈良市は、11月8日と9日の両日、奈良公園付近の道路で社会実験を行う。観光シーズンの休日に交通渋滞が慢性化していることから、適切な交通誘導と公共交通機関の利用促進を図る。

この社会実験に伴い、奈良交通は9時頃から17時頃まで県庁前-破石町で迂回運行するほか、臨時バスを運行する。

  • 社会実験
    • 高畑町交差点から大仏前交差点までを北行一方通行とし、1車線を駐車場待機スペースとする。
    • 大仏前交差点から県庁東交差点までを西行一方通行とし、1車線を歩行者専用とする。
    • 奈良公園を周遊する「奈良公園ぐるっとバス」を運行する。県庁前から奈良公園と若草山麓を経由して県庁前に戻るルートで、小型電気バス2台を使用して10分間隔で運行する。
    • 郊外の駐車場と奈良公園を結ぶ「なら・まちなかバス」を運行する。国道24号駐車場(奈良市二条大路南)からJR奈良駅西口を経て、奈良公園を周回するルートで、小型バスを使用して30分間隔で運行する。
    • 「なら・まちなかバス」は無料で乗車できる。また、郊外駐車場では県庁前までの路線バスの乗車券を無料で配布する。
  • 奈良交通路線バスの運行の変更
    • 市内循環線(外回り)・山村線(山村町・藤原台方面行き)・東山線(下水間方面行き)の県庁前から破石町の区間を奈良ホテル経由で運行する。
    • JR奈良駅から奈良公園方面へ臨時バスを運行する。JR奈良駅→春日大社表参道→東大寺大仏殿・国立博物館→JR奈良駅のルートで随時運行する。

奈良公園社会実験に伴うバスの運行

奈良公園付近の運行区間変更

行楽シーズンを迎え奈良公園付近の道路交通の混雑が予想されることから、奈良交通は下記のとおり迂回運行や運行区間の短縮を行う。

山村線ほか迂回運行

10月21日から11月26日までの土曜・日曜・祝日に、山村線、佐保スクール線、東山線の県庁前-破石町で迂回運行を行う。

11時から17時30分の間、各路線の南行き(山村町、下水間行きほか)の便は奈良ホテル経由で運行し、県庁前から破石町まで途中の停留所には停車しない。北行き(JR奈良駅行き)の便は通常どおり東大寺大仏殿・国立博物館経由で運行する。

六条山線、奈良法隆寺線の運行区間短縮

10月14日から11月26日までの土曜・日曜・祝日に、六条山線、奈良法隆寺線のうち春日大社本殿に発着する系統の運行を短縮する。

県庁前停留所を11時42分以降に通過する春日大社本殿行きは県庁前止めとし、折り返しは東大寺大仏殿・国立博物館始発で運行する。