nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「路線」に関する記事

洞川線と奥宇陀わくわくバスで客貨混載をスタート

奈良交通、奈良県、ヤマト運輸、宇陀地域公共交通活性化協議会の4者は、バス車内に宅配荷物を積載して輸送する「客貨混載」を10月から実施する。天川地区と奥宇陀地区を対象に、2018年3月までの社会実験として行う。

バスの後部座席に宅配便の集配ボックスを積み込み、平野部から山間部へ輸送する。バス事業者は旅客運賃以外の新しい収入源が確保でき、路線の維持につながる。宅配事業者はドライバーの走行距離の短縮で、労働環境の改善や山間地域でのサービス拡充が期待できる。

実施内容は次のとおり。

  • 天川地区
    • 期間:2017年10月2日~2018年3月30日の平日(年末年始を除く)
    • 荷物積載区間:奈良交通吉野支社→大淀バスセンター→天川川合(1便のみ)
      天川川合で地域の担当ドライバーが荷物を引き取り各戸に配達する。
  • 奥宇陀地区
    • 期間:2017年10月1日~2018年3月31日(10月8日以降の日曜・祝日と年末年始を除く)
    • 荷物積載区間:奈良交通榛原営業所→榛原駅→掛西口(1便のみ)
      掛西口で地域の担当ドライバーが荷物を引き取り各戸に配達する。

学研都市-京都駅直通バスの運行期間を延長 新名神経由で時間短縮

京都府と奈良交通、京阪バスは、けいはんな学研都市と京都駅を結ぶ直通バスの運行期間を延長して、2018年9月30日まで継続する。

あわせて、10月2日から運行経路と運行時刻を変更する。

運行経路の変更

運行経路を新名神高速道路(八幡京田辺JCT-城陽JCT)経由に変更し、所要時間を6~9分短縮する。大住工業団地の「中島橋」、「池嶋」停留所は廃止する。

運行時刻の変更

運行時刻を下記のとおり変更する。

2018年9月30日までの平日のみ運行
(2017年12月29日、2018年1月2日~4日、5月1日・2日、8月13日~16日は運休)

停留所/運行会社 奈交 京阪 奈交 京阪
学研けいはんなプラザ 8:45 18:00 19:00
光台七丁目 6:55 8:47 18:02 19:02
光台六丁目 6:58 8:50 18:05 19:05
けいはんなプラザ 7:01 8:53 18:08 19:08
国立国会図書館 7:03 8:55 18:10 19:10
木津川台九丁目 7:05 8:57 18:12 19:12
木津川台六丁目 7:07 8:59 18:14 19:14
KICK 7:10 9:02 18:17 19:17
公園東通り 7:11 9:03 18:18 19:18
十条駅 7:44 9:34 18:49 19:49
京都駅八条口 7:50 9:40 18:55 19:55
学研けいはんなプラザ→公園東通りは乗車のみ
十条駅・京都駅八条口は降車のみ
停留所/運行会社 京阪 奈交 京阪 奈交
京都駅八条口 7:25 7:55 17:40 19:00
十条駅 7:30 8:00 17:45 19:05
けいなわ通り 8:01 8:31 18:16 19:36
KICK 8:02 8:32 18:17 19:37
木津川台六丁目 8:05 8:35 18:20 19:40
木津川台九丁目 8:07 8:37 18:22 19:42
国立国会図書館 8:09 8:39 18:24 19:44
けいはんなプラザ 8:11 8:41 18:26 19:46
光台七丁目 8:13 8:43 18:28 19:48
光台六丁目 8:16 8:46 18:31 19:51
学研けいはんなプラザ 8:20 8:50 18:35 19:55
京都駅八条口・十条駅は乗車のみ
けいなわ通り→学研けいはんなプラザは降車のみ

共通回数券の発売

奈良交通・京阪バスの両方で利用できる共通回数券を3,000枚限定で発売する。

京都市内-学研都市の区間で利用できる700円の乗車券5枚で、発売額は3,000円。2018年9月30日まで有効。

発売は、けいはんなプラザホテルフロント、奈良交通祝園案内所、京阪バス京都駅八条口案内所の3か所。

 

10月1日ダイヤ変更 奥宇陀線をコミュニティバスに転換

奈良交通は10月1日にダイヤを変更する。主な内容は次のとおり。

  • 奥宇陀線をコミュニティバスに転換
  • 天理桜井線の運行を見直し
    憩の家外来棟に乗り入れ、早朝夜間の運行区間を短縮
  • 八木新宮線特急バスに系統番号を付番
  • 鉄道駅を中心に停留名・表記を変更

奥宇陀線をコミュニティバスに転換

奥宇陀線は、宇陀地域連携コミュニティバス線「奥宇陀わくわくバス」として運行する。

日中の運行時刻と一部の停留所の漢字表記を変更するが、運行回数、運行区間、運賃は従来と変わらない(停留所の漢字表記の変更については、別項参照)。

新設する系統 榛原駅-曽爾村役場
廃止する系統 [27]榛原駅-曾爾村役場前

「奥宇陀わくわくバス」では、バス車内に宅配荷物を積載して輸送する「客貨混載」が行われる。

天理桜井線の運行を見直し

天理桜井線の日中の一部の便を憩の家外来棟に乗り入れる。また、朝と夜で減便するほか、一部の便の運行区間を箸中-桜井駅北口に短縮する。

桜井駅付近の運行経路では川合東口経由を取りやめ、すべて粟殿口経由で運行する。朝と夜に運行していた川合東口経由の系統は廃止する。

新設する系統 [59]箸中-粟殿口-桜井駅北口
[64]憩の家外来棟-天理駅-粟殿口-桜井駅北口
廃止する系統 [60]天理駅-川合東口-桜井駅北口
廃止する停留所 川合東口
運行回数・時刻を変更する系統 [62]天理駅-粟殿口-桜井駅北口
[66]天理駅-憩の家外来棟 (天理シャープ線)

八木新宮線特急バスに系統番号を付番

八木新宮線特急バスに系統番号を付番する。熊野地区で増加している外国人観光客の誤乗を防止するため、方向別に系統番号を分ける。

系統番号の付番 [特急301]大和八木駅→新宮駅
[特急302]新宮駅→大和八木駅
[特急302]新宮駅→ホテル昴→大和八木駅

停留所名称・表記の変更

中南和、熊野地区で停留所の名称・表記を変更する。鉄道駅の表記や乗り入れ先の熊野交通の停留所名に合わせる。バスの行先表示は準備ができた車両から順次切り替える。

鉄道駅の表記に合わせた変更

現行 改正
八木駅 大和八木駅
橿原神宮駅 橿原神宮前駅(東口・西口も同様)
近鉄高田駅 近鉄大和高田駅
上市駅 大和上市駅
壷阪山駅 壺阪山駅
五條駅 五条駅

熊野交通の停留所名に合わせた変更

現行 改正
熊野本宮 大日越登り口(だいにちごえのぼりぐち)
(熊野交通も停留所名を変更)
下湯峰 下湯の峰
将監ノ峯 将監の峯

字体の変更など

現行 改正
曾爾村役場前 曽爾村役場
曾爾 曽爾
曾爾学校前 曽爾学校前
曾爾長野 曽爾長野

その他

  • 桜井初瀬線[52]榛原駅→与喜浦系統の運行時刻を変更する。
    榛原駅発車時刻 (現行)日曜・祝日7:50 (改正)土曜日9:22
  • 八木耳成循環線の運行時刻を変更する。
    [77]八木駅-橿原総合庁舎系統の大半を[73][74]橿原総合庁舎経由八木耳成循環系統に変更する。[77]系統は橿原総合庁舎→大和八木駅の片道系統となる。
  • 八木新宮線の「大津荷」停留所を廃止する。
  • 大台ヶ原線のバスの行先表示に系統番号[230]を表示する。

飛鳥線でサイクルバス社会実験

奈良県と奈良交通は、飛鳥線で自転車を車内に持ち込んで乗車できる「サイクルバス」の社会実験を行う。

期間は9月30日から11月26日までの土曜・日曜・祝日(10月14日、15日は除く)で、日中(9時台~16時台)の橿原神宮駅東口-岡寺前-飛鳥駅の系統が対象となる。

車内に持ち込める自転車は2台までで、運賃以外の特別料金は不要。

9月1日ダイヤ変更 飛鳥方面の季節増便期間を変更

奈良交通は9月1日に一部路線のダイヤを変更する。

飛鳥方面の季節増便期間を変更

飛鳥線(明日香周遊バス赤かめ・橿原神宮駅-石舞台・飛鳥駅)と桜井飛鳥線(桜井駅南口-石舞台)の秋季の増便期間を次のとおり変更する。

  • 現行 10月1日から11月30日まで
  • 変更 9月第3土曜日から11月第3日曜日まで

天理都祁線(スクール系統)の時刻変更

天理都祁線の[文]福住→下山田系統の運行時刻を下記のとおり変更する。

  • 現行(福住発) 月・火・木・金曜日 16:00 水曜日 14:30
  • 変更(福住発) 月・火・木・金曜日 15:55 水曜日 14:35

いずれも学校休校日は運休する。