nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「路線」に関する記事

2023年4月1日ダイヤ変更 和束木津線を短縮

奈良交通は4月1日に一部路線でダイヤ変更を実施する。主な内容は下記のとおり。

  • 和束木津線の原山-和束町小杉を廃止し、加茂駅-和束町原山で運行
  • 天理都祁線の針インター-国道山添を廃止(既報)
  • 橿原団地線は大幅に減便
  • 高校の統廃合により停留所を改称

奈良営業所

柳生スクール線

系統を改廃するほか、運行回数・時刻を変更する。

  • 新設する系統 [文]興東館柳生中学校→上狭川→南庄
  • 廃止する系統 [文]興東館柳生中学校-柳生小学校-北野山
  • 片道運行となる系統 [文]広岡→興東館柳生中学校
  • 両方向運行となる系統 [文]柳生小学校-北野山

[文]広岡-興東館柳生中学校系統の下校便は、新設の[文]興東館柳生中学校→上狭川→南庄系統に置き換える。

廃止する[文]興東館柳生中学校-北野山系統は、[文]柳生小学校-北野山系統に置き換える。

[文]柳生小学校-北野山系統の下校便は、15時台(月・水曜日)の運行を取りやめる。

[文]柳生小学校→水越神社系統は、現行の水曜日(2便)に加えて、月・木・金曜日に1便運行する。

その他の路線

下記の路線で運行回数・時刻を変更する

  • 奈良西大寺線([14]JR奈良駅西口-大和西大寺駅系統は平日夜間で1便減便し運行時刻を変更。[11]大和西大寺駅→一条高校前系統は1便減便)
  • 六条山線([64][65]西ノ京駅-奈良県総合医療センター系統の夜間の運行回数・時刻を変更。平日は減便、土日祝日は1便増便(西ノ京駅発20:44))
  • 郡山イオンモール線([11]近鉄郡山駅-イオンモール大和郡山系統の平日夜間の運行時刻を変更(近鉄郡山駅発20:35→20:36))

平城営業所

和束木津線

利用が少ない原山-和束町小杉の区間を廃止する。原山停留所は「和束町原山」に改称する。

  • 新設する系統 [65]加茂駅-和束町原山
  • 廃止する系統 [66]加茂駅-原山-和束町小杉
  • 廃止する停留所 二ノ瀬、五ノ瀬、中村、和束湯船、岩倉、和束清水橋、都合殿、和束町小杉

加茂駅-和束町原山の区間は終日にわたって運行時刻を変更し、平日は1往復、土日祝日は1便減便する。現行ダイヤで開校日に運行する便(加茂駅行き)は、平日は毎日運行する。

開校日に運行する[文]奥畑口→和束中学校系統の運行時刻を変更する(奥畑口発6:54→7:07)。

その他の路線

下記の路線で運行回数・時刻を変更する

  • 平城団地線([文]高の原駅-東大寺学園系統の平日夕方の高の原駅行きを1便増便し運行時刻を変更。夕方の東大寺学園行きは取りやめ)
  • 高の原高山線(夕方の運行時刻を一部変更)

北大和営業所

下記の路線で運行回数・時刻を変更する

  • 奈良北高校線(下校便を1便減便。水曜日の運行時刻を他の曜日と同一にする)
  • 学園高山線([134]学研北生駒駅-高山サイエンスタウン系統の夕方の運行時刻を変更)
  • 大和町線(平日朝の学園大和町五丁目行きの運行時刻を一部変更)
  • 学園前若草台線(平日夜間の学園前駅行きの運行時刻を一部変更)

のりば番号の変更

学園前駅(南口)ののりば番号を変更する。

  • (南口)1番・2番・3番 → 11番・12番・13番

榛原営業所

天理都祁線

針インター-国道山添の区間を廃止 4月1日実施」で既報のとおり、針インター-国道山添の区間を廃止する。

  • 廃止する系統
    • [38]針インター-山辺高校-国道山添
    • [39]針インター→国道山添
  • 廃止する停留所 国道小倉、国道切幡、国道神野口、国道山添

天理駅-針インター-山辺高校の区間は引き続き運行するが、運行系統・時刻を変更する。

天理桜井線

平日の[64]桜井駅北口-天理駅-憩の家外来棟系統の運行時刻を一部変更する。

葛城営業所

橿原団地線

終日にわたって大幅に減便する。おおむね毎時1~2往復の運行となり、1日の運行回数は半分以下になる。

[28]大和八木駅-南白橿系統は、土日祝日の運行を取りやめる。

[25][26]橿原神宮前駅西口-南白橿系統の乗降方法を、整理券方式に変更する。

大台ヶ原線

[特急]イオンモール橿原-大台ヶ原系統は、4月22日~11月23日に運行する。平日、土日祝日とも、毎日1往復する。

エヌシーバス郡山営業所

平群住宅線

下記の系統の運行時刻を変更する。

  • [91]平群駅-元山上口駅(平日夜間の運行時刻を変更(平群駅発21:23→21:27))
  • [96]東山駅-近畿大学奈良病院(朝と夕方以降の運行時刻を変更)
  • [97]緑ヶ丘循環(朝と夕方以降の運行時刻を変更)
  • [98]近畿大学奈良病院→緑ヶ丘循環(一部の便の運行時刻を変更)

停留所の改称

県立高校の統廃合・再編成にあわせて停留所の名称を変更する。

  • 西の京高校 → 六条西三丁目
  • 大宇陀高校 → 大宇陀迫間
  • 吉野高校 → 奈良南高校吉野学舎

このほか、下記の停留所の名称を変更する。

  • 原山 → 和束町原山
  • 関西光科学研究所 → 関西光量子科学研究所

高速バス奈良名古屋線を1往復減便 4月1日から

奈良交通と名鉄バスは、4月1日から高速バス奈良名古屋線の運行を1往復減便する。

現在運行している便のうち、JR奈良駅発9:50と、名鉄バスセンター発17:20の運行を取りやめる。

4月1日からの運行時刻は下記のとおり。(土日祝日など特定日のみ運行)

  • JR奈良駅発 6:50、11:50、15:10、19:20
  • 名鉄バスセンター発 7:40、10:50、15:10、19:30

大阪空港リムジンバス 4月1日から空港発1便減便

奈良交通と阪急観光バスは、4月1日から大阪空港リムジンバス(天理駅・JR奈良駅-大阪空港)の運行時刻を変更する。大阪空港発の便は、夕方以降1便減便する。

変更後の運行時刻は下記のとおり(太字は今回時刻を変更する便)。

  • JR奈良駅発 大阪空港行き
    5:20、6:20(※)、7:20、9:30(※)、10:55、11:55、12:55、14:20、15:50、16:50
    (※)天理駅発(5:55、9:00)
  • 大阪空港発 JR奈良駅行き
    8:40、9:40、10:40、11:55、13:15、14:35、16:40、18:0019:00(※)、20:10、21:00(※)
    (※)天理駅行き

紙の回数券発売終了

大阪空港リムジンバス(天理駅・JR奈良駅-大阪空港)の紙の回数券は、3月31日をもって発売を終了する。発売済みの回数券は有効期限(1年間)まで使用できる。

「スマホ回数券」(6枚綴り・11枚綴り)は引き続き発売する。

「やまと号」五條新宿線 京王プラザホテル停留所を休止

奈良交通と関東バスは、夜行高速バス「やまと号」五條新宿線の「京王プラザホテル」停留所を、4月1日出発便から当面の間休止する。

これにより運行区間は、五條バスセンター-バスタ新宿(増発便は「新宿高速バスターミナル」発着)となる。

八木新宮線開通60周年

奈良交通が大和八木駅(奈良県橿原市)と新宮駅(和歌山県新宮市)の間を運行する「八木新宮線」は、3月1日に開通60周年を迎えた。

八木新宮線60年のあゆみ

2013年3月の「八木新宮線開通50周年」に掲載した「八木新宮線のあゆみ」に、10年分の主なできごとを追記した。

  • 1963年3月1日
    新宮線、奈良大仏前-新宮駅(196.2km)運行開始。
  • 1968年2月1日
    湯の峰温泉に乗り入れ。奈良湯の峰線、奈良大仏前-湯の峰温泉(160.3km)運行開始。
  • 1973年7月16日
    奈良新宮線、奈良湯の峰線に冷房車導入。
  • 1977年4月1日
    川湯温泉に乗り入れ。奈良新宮線、奈良大仏前-川湯温泉(157.5km)運行開始。
  • 1979年2月1日
    川湯温泉ふじや前に乗り入れ。奈良新宮線、奈良大仏前-ふじや前(157.8km)運行開始。
  • 1983年7月20日
    八木発着に変更。八木新宮線、八木駅-新宮駅(162.5km)・八木駅-ふじや前(132.1km)運行開始。
  • 1991年1月21日
    新宮発着便を湯の峰温泉・川湯温泉に乗り入れ。八木駅-湯の峰温泉-川湯温泉-新宮駅(168.6km)運行開始。
  • 1992年7月16日
    ワンマン化実施。新製車両(日野U-HU3KLAA)を導入。
  • 2000年4月16日
    八木駅-新宮駅、八木駅-湯の峰温泉各2往復から、八木駅→新宮駅2便、新宮駅→八木駅、新宮駅→折立、折立→湯の峰温泉、湯の峰温泉→八木駅各1便に変更(減回)。
  • 2001年3月22日
    八木駅-新宮駅3往復に変更(増回)。
  • 2002年10月1日
    八木駅-五條バスセンター間各停留所に停車。
  • 2010年4月1日
    十津川村のホテル昴に乗り入れ(新宮駅発八木駅行の1便を除く)。
  • 2011年9月2日
    台風12号の接近により一部区間で運休。台風12号は沿線各地に甚大な被害をもたらし(紀伊半島大水害)、10月31日まで一部区間の運休が続いた。その後、迂回運行は2017年1月29日まで続いた。
  • 2015年11月2日
    バリアフリー対応の新製車両(日野QDG-KV290N1)を導入。
  • 2016年10月
    バリアフリー対応の新製車両(いすゞQDG-LV290N1)を導入。
  • 2017年2月27日
    旧型車両(日野U-HU3KLAA)による運行を終了。
  • 2017年4月1日
    五條病院玄関口に乗り入れ。
  • 2017年10月1日
    系統番号[特急301][特急302]を付番。
  • 2019年12月20日
    大和八木駅-新宮駅の間を同一の便で完全乗車した乗客を対象に、記念品の配布を開始。
  • 2021年4月1日
    平日の新宮駅発大和八木駅行きのうち2便を、西吉野農業高校経由で運行。
  • 2022年10月1日
    所要時間を短縮した「観光特急やまかぜ」を新設。土日祝日の1往復を置き換え。