nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「夜行高速バス」に関する記事

やまと号奈良・五條新宿線も運休 新型コロナウィルス感染拡大の影響

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、奈良交通は夜行高速バスやまと号奈良新宿線と五條新宿線を運休している。

  • 運休日:2020年4月6日出発便から当面の間

当初、運休は4月23日までとしていたが、その後期限を定めず当面の間運休することとした。新規の予約も停止している。

やまと号は、すでに東京ディズニーリゾート・横浜線が3月16日から運休している。

やまと号TDR横浜線を運休 新型コロナウィルス感染拡大の影響

奈良交通は、夜行高速バスやまと号東京ディズニーリゾート・横浜線を3月16日出発便から当面の間運休している。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、東京ディズニーリゾートが2月29日から閉園を続けていることによるもの。

当初、運休は3月31日までとしていたが、後日4月6日まで延長した。その後東京ディズニーリゾートが閉園期間を延長したため、期限を定めず当面の間運休することとした。

運行再開の予定は決まっておらず、新規の予約の受付も停止している。

夜行高速バス「やまと号」運賃改定 奈良・五條-新宿で1月1日から

奈良交通は、夜行高速バス「やまと号」奈良新宿線、五條新宿線の運賃を改定する。2020年1月1日から実施する。

繁忙期の最も高い運賃と閑散期の最も安い運賃は据え置くが、その他の出発日区分の運賃を変更する。

奈良新宿線・五條新宿線共通

区分 現 行 改 定
10,500 10,500
9,500 9,600
9,000 8,800
8,400 7,800
7,700 6,600
5,980 5,980

単位:円。小児運賃は大人運賃の半額。

夜行高速バスやまと号TDR横浜線で一部時刻変更

奈良交通は、夜行高速バス「やまと号」奈良東京ディズニーリゾート横浜線の運行時刻を一部変更する。東京ディズニーリゾート内のバスのりば変更に伴うもので、11月1日に始発地を発車する便から実施する。

五位堂駅発京成津田沼駅行きは、東京ディズニーシーと東京ディズニーランドの停車順序を入れ替え、東京ディズニーシーから京成津田沼駅の間の到着時刻を5~10分繰り下げる。

JR津田沼駅発五位堂駅行きも、東京ディズニーシーと東京ディズニーランドの停車順序を入れ替える。JR津田沼駅から東京ディズニーランドの間の発車時刻を20~25分繰り上げる一方、東京ディズニーシーの発車時刻は5分繰り下げる。

第19回スルッとKANSAIバスまつりに出展

6月16日、 京都市の岡崎公園で「第19回スルッとKANSAIバスまつり」が開催された。2017年と2018年は台風接近のため中止となっていたことから、約3年ぶりの開催となった。

前回までは9月20日のバスの日を記念して9月中旬に開催されてきたが、来場者の安全を確保しつつ確実に開催するため今回は6月に実施することとなった。

奈良交通は、五條新宿線の運行開始30周年を記念して、同線で運行している夜行高速バスを展示した。あわせて各種グッズや廃品などを販売した。

奈良交通はスルッとKANSAIバスまつりで夜行高速車(日野セレガ)を展示した。
奈良交通は五條新宿線で運行している夜行高速車(日野セレガ・奈良200か10-95)を展示した。
展示車両の側面には五條新宿線運行開始30周年を記念する懸垂幕が掲げられていた。
展示車両の側面には五條新宿線運行開始30周年を記念する懸垂幕が掲げられていた(1989年6月1日、五條新宿線の前身である高田新宿線の運行が開始された)。
展示車両に隣接した物販ブースでは、夜行高速バス「やまと号」の路線と車両の変遷を紹介したパネルが展示されていた。
展示車両に隣接した物販ブースでは、夜行高速バス「やまと号」の路線と車両の変遷を紹介したパネルが展示されていた。「やまと号」は最盛期には6つの路線が運行されていた。