nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「夜行高速バス」に関する記事

夜行高速バス「やまと号」に新車導入

奈良交通は11月下旬に夜行高速バス「やまと号」向けの新車を導入した。12月4日から五條新宿線で運行する。

車種は日野セレガで、車内は3列独立シートにプライベートカーテン、充電用コンセントや空気除菌装置などを備えている。

やまと号TDR・横浜線を津田沼発着に

奈良交通は、夜行高速バス「やまと号」東京ディズニーリゾート・横浜線の運行区間を変更する。共同運行の京成バスとあわせて4月16日出発の便から実施する。

千葉県側の起終点を「海浜幕張駅」から「JR津田沼駅・京成津田沼駅」に変更する。(往復ともJR津田沼駅→京成津田沼駅の順序で運行する。)

  • 新設停留所:JR津田沼駅、京成津田沼駅
  • 廃止停留所:海浜幕張駅

高速バス・リムジンバスで無料Wi-Fiサービス

奈良交通は、夜行高速バス「やまと号」、高速バス奈良名古屋線、空港リムジンバスの車内で、順次無料Wi-Fiサービスを始める。

3月1日から「やまと号」でサービスを始めたほか、奈良名古屋線、リムジンバスでは3月中旬以降に順次サービスを始める。

サービスの利用にメールアドレスなどの登録は不要で、利用規約に同意するだけでインターネットに接続できる。接続の画面は6つの言語(日本語、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語、タイ語)に対応して、訪日外国人の利用に配慮している。1回の接続で30分利用できるが、繰り返して接続できる。

なお、今回のサービス提供は、奈良交通が運行する便に限られる。

夜行高速バス「やまと号」に新車導入

11月下旬、奈良交通は夜行高速バス「やまと号」奈良新宿線に新車を導入した。

車種はいすゞガーラで、車内は3列独立シートにプライベートカーテン、充電用コンセントや空気除菌装置を備えている。

いすゞ車の夜行高速バスを導入するのは初めてのことである。

「やまと号」新宿駅ののりば変更

奈良交通は、夜行高速「やまと号」奈良新宿線と五條新宿線の新宿駅付近ののりばを4月4日から変更する。

新宿南口交通ターミナル(バスタ新宿)がオープンするのに伴い、乗車場所をバスタ新宿に変更する。奈良・五條から新宿に到着する便の降車場所は、5月9日出発便(5月10日到着便)からバスタ新宿に変更する。

出発日 乗車場所 降車場所
4/4~5/8 バスタ新宿(新宿南口) 新宿高速バスターミナル(新宿駅西口)
5/9~ バスタ新宿(新宿南口)

多客時の続行便は、引き続き「新宿高速バスターミナル(新宿駅西口)」に発着する。

「新宿高速バスターミナル(新宿駅西口)」と「バスタ新宿(新宿南口)」の間は徒歩で約10分かかるため、奈良交通はホームページで注意を呼びかけている。