nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「運賃改定」に関する記事

消費税率引き上げに伴う路線バス運賃改定

奈良交通は、消費税率引き上げに伴い2019年10月1日から路線バスの運賃を改定する。

今回の運賃改定について、奈良交通は5月31日に国土交通省に申請し、9月5日に認可を受けた。運賃改定は、前回消費税率が引き上げられた2014年4月以来となる。

実施予定日:2019年10月1日

  • 初乗り運賃(190円)は据え置く
  • 200円以上の区間運賃を10円~100円引き上げる
  • 奈良・平城均一区間運賃(210円)は、10円引き上げて220円とする
  • ICカード乗車券「CI-CA」(普通・ひまわり)の割引率を拡大する

通勤・通学(学生)定期券の発売額は現行のまま据え置き、紙式回数券の割引率およびフリー乗車券・奈良交通ゴールドパスの発売額も据え置く。

定期観光バス、高速バス、深夜急行バス、京都学研線、コミュニティバス(桜井市、安堵町、R169ゆうゆうバス、奥宇陀わくわくバス以外)、ぐるっとバス、郡山イオンモール線の運賃は据え置く。

リムジンバスについては、別途運賃改定を発表している。

乗合バス区間運賃の申請額 (大人)

区間 現行 改定
初乗り区間 190円 190円(据え置き)
その他の区間 200円~800円 210円~810円(+10円)
810円~1,340円 830円~1,360円(+20円)
1,350円~1,470円 1,380円~1,500円(+30円)
1,480円 1,500円(+20円)
1,490円 1,500円(+10円)
1,500円~4,000円 1,550円~4,050円(+50円)
4,050円~5,250円 4,150円~5,350円(+100円)
奈良・平城均一 210円 220円(+10円)

他社のバス路線と競合する区間では上記と異なる場合がある。

CI-CAの割引率改定

普通CI-CAの割引率を12.3%から14.5%に拡大する。

券種 現行 改定
1,000円 1,140円 1,170円
2,000円 2,280円 2,340円
3,000円 3,420円 3,510円
5,000円 5,700円 5,850円

ひまわりCI-CAの割引率を16.7%から18.0%に拡大する。

券種 現行 改定
1,000円 1,200円 1,220円
2,000円 2,400円 2,440円
3,000円 3,600円 3,660円
運賃改定を知らせる看板
運賃改定を知らせる看板

消費税率引き上げに伴うリムジンバス運賃改定

奈良交通は10月1日から、リムジンバスの運賃を改定する。消費税率引き上げによる増税分を運賃に転嫁する。

乗合バスの運賃については5月31日に申請している。

実施予定日:2019年10月1日

リムジンバス運賃の改定内容

関西空港(大人運賃)

路線名 運賃種別 現行 改定
奈良関空線 片道 2,050円 2,100円
往復 3,900円 4,000円
日帰往復 2,500円 2,700円
学研関空線 片道 2,050円 2,100円
往復 3,900円 4,000円
日帰往復 2,500円 2,700円
八木関空線 片道 1,950円 2,000円
往復 3,700円 3,800円
日帰往復 2,500円 2,700円

大阪空港(大人運賃)

区間 運賃種別 現行 改定
天理駅-大阪空港 片道 1,730円 1,760円
回数券 17,300円 17,600円
JR奈良駅・阪奈宝来-大阪空港 片道 1,480円 1,510円
回数券 14,800円 15,100円
第二阪奈生駒-大阪空港 片道 1,180円 1,200円
回数券 11,800円 12,000円

大阪空港線の回数券は、10月1日以降、有効期限(発売日から1年間)を設定する。

旧運賃の回数券は2019年12月31日までは差額なしで使用できるが、2020年1月1日以降は使用できない。未使用分の払い戻しは2024年9月30日まで受け付ける。

高速バスの運賃を改定 名古屋線・TDR横浜線で6月21日から

奈良交通は、高速バス奈良名古屋線と夜行高速バス「やまと号」奈良東京ディズニーリゾート横浜線の運賃を改定する。6月21日から実施する。

奈良名古屋線

奈良名古屋線では、片道・往復ともに運賃を引き上げる。

区間 現行 改定
JR奈良駅・天理-名鉄バスセンター 片道 2,550円 2,700円
往復 4,100円 4,300円

上記金額は大人運賃。小児運賃は半額(10円未満の端数は切り上げ)。

往路が6月18日~20日で復路が6月21日以降の往復乗車券は4,200円。

奈良東京ディズニーリゾート・横浜線

奈良東京ディズニーリゾート・横浜線では、繁忙期の最も高い運賃を引き上げる一方で、閑散期の最も安い運賃は引き下げる。

出発日に応じて「S」「A」「B」「C」「C早売」の5種類の運賃区分を設定していたが、新たに「D」を加え、「C早売」は「D早売」に変更する。

区分 現行 改定
8,500円
9,500円
10,000円
10,000円
10,800円
11,000円
8,000円
9,000円
9,500円
9,200円
9,600円
10,000円
7,800円
8,600円
9,100円
8,700円
9,100円
9,500円
7,500円
8,000円
8,500円
8,200円
8,600円
9,100円
C早売 6,500円
7,000円
7,500円




7,500円
7,700円
8,000円
D早売

5,980円
6,200円
6,500円

上記金額は大人運賃。小児運賃は半額(10円未満の端数は切り上げ)。
金額欄の区分は下記のとおり。「奈良」は五位堂駅-大和高原山添の各停留所。

  • 上段:奈良-本厚木駅、横浜駅(YCAT)
  • 中段:奈良-京成上野駅、東京スカイツリータウン前
  • 下段:奈良-東京ディズニーシー、東京ディズニーランド、西船橋駅、JR津田沼駅、京成津田沼駅

新田辺駅発着路線の運賃を改定

奈良交通は、4月1日から新田辺駅を発着する路線の一部区間の運賃を改定する。同日に京阪バスが運賃を改定することによるもの。

京田辺市東部循環線と同志社線のうち、現行運賃が160円~190円の新田辺駅周辺の区間が対象で、改定後の運賃は200円となる。

一部区間で運賃改定

奈良交通は10月1日に一部区間で運賃を改定する。同日に実施される三重交通の運賃改定によるもので、三重交通の運賃に合わせている区間について現行運賃より10円引き上げる。改定する路線と区間は下記のとおり。

  • 奈良月ヶ瀬線 桃香野口-石打のうち一部区間
  • 奥宇陀線 掛西口-曾爾村役場前