nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「その他」に関する記事

第19回スルッとKANSAIバスまつりに出展

6月16日、 京都市の岡崎公園で「第19回スルッとKANSAIバスまつり」が開催された。2017年と2018年は台風接近のため中止となっていたことから、約3年ぶりの開催となった。

前回までは9月20日のバスの日を記念して9月中旬に開催されてきたが、来場者の安全を確保しつつ確実に開催するため今回は6月に実施することとなった。

奈良交通は、五條新宿線の運行開始30周年を記念して、同線で運行している夜行高速バスを展示した。あわせて各種グッズや廃品などを販売した。

奈良交通はスルッとKANSAIバスまつりで夜行高速車(日野セレガ)を展示した。
奈良交通は五條新宿線で運行している夜行高速車(日野セレガ・奈良200か10-95)を展示した。
展示車両の側面には五條新宿線運行開始30周年を記念する懸垂幕が掲げられていた。
展示車両の側面には五條新宿線運行開始30周年を記念する懸垂幕が掲げられていた(1989年6月1日、五條新宿線の前身である高田新宿線の運行が開始された)。
展示車両に隣接した物販ブースでは、夜行高速バス「やまと号」の路線と車両の変遷を紹介したパネルが展示されていた。
展示車両に隣接した物販ブースでは、夜行高速バス「やまと号」の路線と車両の変遷を紹介したパネルが展示されていた。「やまと号」は最盛期には6つの路線が運行されていた。

「スルッとKANSAIバスまつり」は6月16日に開催

「スルッとKANSAIバスまつり」は例年9月に開催されているが、2019年は6月16日(日曜日)に京都市の岡崎公園で開催されることになった。イベントを主催するスルッとKANSAI協議会がこのほど発表した。

「スルッとKANSAIバスまつり」は9月20日のバスの日を記念するイベントとして、これまで9月に開催されてきた。

2017年と2018年は台風接近でいずれも中止となっており、来場者の安全を確保しつつ確実に開催するために時期を変更する。

「バスの歴史から観る奈良~大和路・バスがゆく~」展 東京・日本橋で開催

奈良県が運営するアンテナショップ奈良まほろば館(東京都中央区日本橋室町)では、奈良のバスをテーマにした企画展「バスの歴史から観る奈良~大和路・バスがゆく~」が開催される。

期間は1月31日から2月5日までで、奈良県各地を走るバスの写真や関連資料を通して大正期から現代までの奈良の姿を紹介する。

奈良交通はこの企画展に協力して昔のバスの写真や記念乗車券などを提供するほか、期間中はグッズ販売も行う。

御所案内所は忍海案内所に改称 2月8日から

奈良交通は葛城営業所内で仮営業していた御所営業所を正式に同所に移転し、「忍海案内所」に改称する。本移転と改称は2月8日からで、これに先立つ改修工事のため2月4日~7日は休業する。

御所案内所は近鉄御所駅前にあったが、2018年9月の台風21号の影響で建物が損壊し、およそ3週間にわたって休業した。同月25日からは葛城営業所内で仮営業していた。

バス位置情報サービス全路線に拡大 12月3日から

奈良交通は、バス位置情報サービスの提供範囲を12月3日から全路線に拡大した。(ただし、高速バス、リムジンバス、臨時バス、一部コミュニティバスなどは除く。)

奈良県との連携で新しいバスロケーションシステムの整備を進め、3月26日から奈良市中心部・北部、京都府域の路線を対象にサービスを始めていた。当初は9月にも全路線に対象を広げる予定であったが、やや遅れてのスタートとなった。