nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「乗車券」に関する記事

平群町コミュニティバスでICカード利用可 10月1日から

エヌシーバスは10月1日から、平群町コミュニティバスの運賃の支払いに交通系ICカードを利用できるようにした。

奈良交通のCI-CAをはじめ、ICOCAやPiTaPaなど全国の交通系ICカードが利用できる。

「夏休みどこでもパス」を発売 今季から小学生のみ対象

奈良交通は、夏休み期間中全線乗り放題となる「夏休みどこでもパス」を7月10日から発売する。今季から発売の対象が小学生のみになる。

  • 発売金額:小学生2,500円 (中学生は対象外)
  • 発売期間:2021年7月10日~8月20日 奈良交通案内所各窓口で発売
  • 通用期間:2021年7月20日~8月31日
  • 特典:
    • 奈良交通、エヌシーバスの全路線が乗り放題
      【対象外の路線】夜行高速バス、高速バス名古屋線、リムジンバス、京都学研線、定期観光バス、若草山夜景観賞バス、一部市町村のコミュニティバス
    • 同伴の大人1名は、現金で支払う場合半額で乗車できる(ぐるっとバスを除く)。
    • 使用済みの「夏休みどこでもパス」は、2021年12月31日まで1回に限り「奈良公園・西の京 世界遺産 1-Day Pass」に交換できる。
      【交換場所】近鉄奈良・JR奈良・学園前・郡山・王寺・八木のいずれかの案内所
    • 奈良交通関係の飲食店・温泉施設やイオンモール(大和郡山・橿原)の提携店舗で「夏休みどこでもパス」を呈示すると、各種特典が受けられる。
  • 購入時の注意:
    • 使用者の生年月日を確認できるもののほか、顔写真1枚が必要(プリクラは不可)。
    • 払い戻しは2021年7月19日まで(手数料が必要)。

「奈良交通ゴールドパス」ポイントサービス開始

奈良交通は7月1日から、「奈良交通ゴールドパス」でポイントサービスを実施している。

3か月券の購入で1ポイント分、6か月券の購入で2ポイント分のスタンプをポイントカードに押印する。4ポイントで「奈良交通ゴールドパス」に1,000円分チャージされる。

あわせて、運転免許証を自主返納した高齢者にゴールドパスを1年分(6か月券2回)に限り無料配布する「運転免許証自主返納支援制度」について、対象の地域を拡大した。これまで運転経歴証明書に記載の住所が奈良県の場合のみ対象であったものを、大阪府、京都府も対象に含めた。

「奈良交通ゴールドパス」は、65歳以上の高齢者に向けて発売するICカード乗車券で、奈良交通・エヌシーバスの一般路線バスに大人運賃の半額で乗車できる(10円未満の端数は切り上げ、最低支払額は100円)。

「JR・奈良交通連絡定期券」の発売を終了

JR西日本の駅窓口で発売されている「JR・奈良交通連絡定期券」は、5月31日をもって発売を終了する。今後は、鉄道とバスのそれぞれの定期券を購入する必要がある。 

JRと奈良交通の連絡定期券は、1999年から発売されてきた。2019年に対象範囲が縮小され、王寺駅と奈良駅で接続する指定範囲を対象に発売されていた。

CI-CA利用可能金額と定期券の発売額を改定 6月1日から

奈良交通とエヌシーバスは、6月1日からICカード「CI-CA」の利用可能金額と定期券の発売額を改定する。あわせて、紙で発行している回数券の発売を終了する。

2014年以降の運賃改定では、普通運賃を引き上げる一方で、運賃収入の増加が消費税率の改定幅を超えないようにCI-CAと定期券の割引率を拡大していた。

しかし、新型コロナウイルス感染症の広がりなどの理由から昨年以降バスの利用が減少しており、運行を維持するためやむなく割引率を縮小する。

CI-CAの利用可能金額引き下げ

CI-CAの発売金額・チャージ金額に対する利用可能金額を引き下げる。

普通CI-CAの利用可能金額は下記のとおり改定する。

発売額・
チャージ金額
利用可能金額
(現行)
利用可能金額
(改定)
1,000円1,170円1,050円
2,000円2,340円2,100円
3,000円3,510円3,150円
5,000円5,850円5,250円
普通CI-CAの利用可能額改定(2021年6月1日)

ひまわりCI-CAの利用可能金額は下記のとおり改定する。

発売額・
チャージ金額
利用可能金額
(現行)
利用可能金額
(改定)
1,000円1,220円1,150円
2,000円2,440円2,300円
3,000円3,660円3,450円
ひまわりCI-CAの利用可能額改定(2021年6月1日)

通勤・通学(学生)定期券の発売額引き上げ

定期券の発売額を引き上げる。

運賃通勤1か月
(現行)
通勤1か月
(改定)
通学1か月
(現行)
通学1か月
(改定)
奈良均一
平城均一
9,260円9,900円7,020円7,370円
190円8,380円8,550円6,670円6,670円
210円8,820円9,450円7,020円7,370円
220円9,260円9,900円7,370円7,720円
230円9,700円10,350円7,720円8,070円
240円10,140円10,800円8,070円8,420円
250円10,580円11,250円8,420円8,780円
定期券の発売額改定(2021年6月1日) 上記以外の区間、通用期間は省略

通勤定期券の割引率は26.5%から25.0%に変更し、通学(学生)定期券の割引率は41.5%のまま据え置く。また、定期券発売額を計算するための基準運賃を、原則として2019年10月改定の現行運賃と同額にする。(奈良均一、平城均一区間の通学定期券の基準運賃は210円。)

2019年の運賃改定では190円区間を除いて運賃を引き上げたが、定期券発売額の基準運賃は引き上げず、定期券発売額を据え置いていた。今回の改定では基準運賃を引き上げるため、割引率の変動を超えて定期券の発売額が引き上げられ、割引率を据え置く通学(学生)定期券の発売額も引き上げられる(190円区間は据え置き)。

回数券

紙で発行している回数券のうち、普通、ひまわり、高額の各金券式回数券の発売を終了する。発売済みの回数券は引き続き利用できる。

イオンモール橿原、大学など区間指定の回数券は、引き続き発売する。

案内所の臨時営業(5/29~31)

CI-CA利用可能金額と定期券発売額の改定に先立ち、改定日直前の5月29日、30日、31日は、通常休業している案内所も臨時営業する。