nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「やまと号」に関する記事

お盆期間中の運行

奈良交通はお盆期間中に下記のとおり運行を変更する。

土曜ダイヤで運行(8/13~8/15)

奈良交通とエヌシーバスは下記の系統を除き、8月13日から15日まで土曜ダイヤで運行する。

  • 平日ダイヤで運行
    [広域通院ライン]十津川温泉-五條バスセンター
    [50]大和八木駅-医大病院玄関口
  • 臨時バスを運行
    [66]天理駅-憩の家外来棟(12時から16時頃まで毎時2往復)
  • 系統を変更して運行
    [63]天理駅-三輪明神大神神社二の鳥居前-桜井駅北口は、三輪明神大神神社二の鳥居前を経由しない[62]系統で運行
  • 運休
    [15]榛原駅-東吉野村役場
    深夜バス各系統
    深夜急行バス「はんな号」各系統(16日まで)
    けいはんな学研都市-京都駅直通バス(16日まで)

やまと号の運行区間変更 (8/15)

五條市で開催される「吉野川祭り納涼花火大会」の影響で周辺道路の混雑が予想されるため、8月15日の夜行高速バス「やまと号」五條新宿線の新宿行きは近鉄御所駅始発で運行する。

奈良公園内の経路変更 (8/15)

8月15日は奈良公園付近で交通規制が実施されることから、市内循環線、山村線などで運行経路を変更する。

  • 規制時間(運行経路を変更する時間):19時40分頃から21時頃まで
  • 上記時間帯に「県庁東交差点」を通過する高畑町方面行きと、「高畑町交差点」を通過するJR奈良駅方面行きを、奈良ホテル経由で運行する(奈良ホテル停留所には停車しない)。

当日は「大文字送り火」、「中元万燈籠」、「万燈供養会」が催される予定になっているが、台風10号の接近で行事や交通規制が予定どおり実施されるかどうかは見通せない(2019年8月12日現在)。

第19回スルッとKANSAIバスまつりに出展

6月16日、 京都市の岡崎公園で「第19回スルッとKANSAIバスまつり」が開催された。2017年と2018年は台風接近のため中止となっていたことから、約3年ぶりの開催となった。

前回までは9月20日のバスの日を記念して9月中旬に開催されてきたが、来場者の安全を確保しつつ確実に開催するため今回は6月に実施することとなった。

奈良交通は、五條新宿線の運行開始30周年を記念して、同線で運行している夜行高速バスを展示した。あわせて各種グッズや廃品などを販売した。

奈良交通はスルッとKANSAIバスまつりで夜行高速車(日野セレガ)を展示した。
奈良交通は五條新宿線で運行している夜行高速車(日野セレガ・奈良200か10-95)を展示した。
展示車両の側面には五條新宿線運行開始30周年を記念する懸垂幕が掲げられていた。
展示車両の側面には五條新宿線運行開始30周年を記念する懸垂幕が掲げられていた(1989年6月1日、五條新宿線の前身である高田新宿線の運行が開始された)。
展示車両に隣接した物販ブースでは、夜行高速バス「やまと号」の路線と車両の変遷を紹介したパネルが展示されていた。
展示車両に隣接した物販ブースでは、夜行高速バス「やまと号」の路線と車両の変遷を紹介したパネルが展示されていた。「やまと号」は最盛期には6つの路線が運行されていた。

高速バスの運賃を改定 名古屋線・TDR横浜線で6月21日から

奈良交通は、高速バス奈良名古屋線と夜行高速バス「やまと号」奈良東京ディズニーリゾート横浜線の運賃を改定する。6月21日から実施する。

奈良名古屋線

奈良名古屋線では、片道・往復ともに運賃を引き上げる。

区間 現行 改定
JR奈良駅・天理-名鉄バスセンター 片道 2,550円 2,700円
往復 4,100円 4,300円

上記金額は大人運賃。小児運賃は半額(10円未満の端数は切り上げ)。

往路が6月18日~20日で復路が6月21日以降の往復乗車券は4,200円。

奈良東京ディズニーリゾート・横浜線

奈良東京ディズニーリゾート・横浜線では、繁忙期の最も高い運賃を引き上げる一方で、閑散期の最も安い運賃は引き下げる。

出発日に応じて「S」「A」「B」「C」「C早売」の5種類の運賃区分を設定していたが、新たに「D」を加え、「C早売」は「D早売」に変更する。

区分 現行 改定
8,500円
9,500円
10,000円
10,000円
10,800円
11,000円
8,000円
9,000円
9,500円
9,200円
9,600円
10,000円
7,800円
8,600円
9,100円
8,700円
9,100円
9,500円
7,500円
8,000円
8,500円
8,200円
8,600円
9,100円
C早売 6,500円
7,000円
7,500円




7,500円
7,700円
8,000円
D早売

5,980円
6,200円
6,500円

上記金額は大人運賃。小児運賃は半額(10円未満の端数は切り上げ)。
金額欄の区分は下記のとおり。「奈良」は五位堂駅-大和高原山添の各停留所。

  • 上段:奈良-本厚木駅、横浜駅(YCAT)
  • 中段:奈良-京成上野駅、東京スカイツリータウン前
  • 下段:奈良-東京ディズニーシー、東京ディズニーランド、西船橋駅、JR津田沼駅、京成津田沼駅

台風24号による影響

台風24号は9月30日午後に強い勢力を保ったまま奈良県付近を通過した。

奈良交通は、30日の定期観光バスと大台ヶ原線、奈良若草山夜景観賞バスを運休したほか、12時頃までにリムジンバスと高速バスの運行を取りやめた。一般路線については、事前に告知してバスの運行を見合わせる計画運休を全路線で実施し、16時頃から終日バスの運行を見合わせた。

翌10月1日は道路の通行規制のため一部の路線で運休や迂回運行を実施したが、午前中には通常運行に戻った(以前の災害のため迂回している区間は除く)。

台風の影響による運行状況は下記のとおり。

9月30日

  • 大阪空港リムジンバス
    JR奈良駅発10:25以降(天理駅発13:45、14:45も含む)、大阪(伊丹)空港発12:35以降、は運休
  • 関西空港リムジンバス
    • 奈良関空線
      JR奈良駅発11:00以降、関西空港第2ターミナル発12:27以降は運休
    • 学研関空線
      学研けいはんなプラザ発12:30以降、関西空港第2ターミナル発11:42以降は運休
    • 八木関空線
      大和八木駅発10:10以降、関西空港第2ターミナル発12:02以降は運休
  • 高速バス奈良名古屋線
    JR奈良駅発15:10、19:20と、名鉄バスセンター発15:10、17:20、19:30は運休
  • 夜行高速バス「やまと号」は全路線運休
  • 定期観光バスは全コース運休
  • 奈良若草山夜景観賞バスは運休
  • 大台ヶ原線は終日運休
  • 一般路線は16時頃から全路線で終日運行を見合わせ

10月1日

  • 関西空港リムジンバス
    学研関空線の学研けいはんなプラザ発4:10の便は運休
  • 京都学研線の午前の便は運休
  • その他の路線
    【早朝~8時頃】榛原都祁線、榛原東吉野線、奥宇陀わくわくバス、R169ゆうゆうバス、十津川線、広域通院ライン、八木新宮線、洞川線で一部区間運休
    【午前中】天理都祁線で倒木のため迂回運行 下滝本には停車しない。

このほか、9月30日は各地の案内所の営業を12時で終了した。

やまと号車両にオリンピック特別仕様ナンバー装着

奈良交通はこのほど、夜行高速バスやまと号の車両に「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」(オリンピック特別仕様ナンバー)を装着した。

オリンピック特別仕様ナンバーは、2020年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を記念して交付されている。申請すれば新たに登録される車両に交付されるほか、すでに登録している車両でも車検などの際に同じ番号でナンバープレートを交換できる。

オリンピック特別仕様ナンバーを装着した夜行高速バスやまと号車両

オリンピック特別仕様ナンバーは光を表現したデザインとなっている。営業用ナンバーであることを示すため緑色の枠がある。