nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

国道169号線土砂崩れで大台ヶ原線を運休

5月13日の夜、川上村大迫の国道169号線で土砂崩れが発生し、付近は一時通行止めとなった。

奈良交通は5月14日から17日まで大台ヶ原線を運休し、R169ゆうゆうバスの折り返し運転を実施した。

  • 大台ヶ原線:全区間運休
  • R169ゆうゆうバス:福神駅・大淀バスセンター-大迫ダムで折り返し運転(大迫ダム-下桑原は運休)
    (5月18日午前の福神駅行きは池原発で運行し、下桑原→池原は運休する。午後の福神駅発の便から通常どおり運行する。)

現場付近では仮設道路が設置され、5月17日午後3時から片側交互通行ができるようになった。

第22回スルッとKANSAI電車&バスまつり 6月12日に奈良で開催

「第22回スルッとKANSAI電車&バスまつり」は、2022年6月12日(日曜日)に奈良市の朱雀門ひろばで開催される。スルッとKANSAI協議会がこのほど発表した。

会場への入場は事前応募が必要で、応募数が上限に達すると受付は終了する。応募の受付は、5月23日に開始する予定である。

[参考]スルッとKANSAIホームページ (別画面で開きます)

当イベントの奈良県での開催は、2009年に大和郡山市で開催された「第9回スルッとKANSAIバスまつり」以来13年ぶりとなる。昨年9月には、朱雀門ひろばで「第21回スルッとKANSAI電車&バスまつり」が開催される予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった。

「スルッとKANSAIバスまつり(電車&バスまつり)」は、台風の接近や新型コロナウイルスの感染拡大のため、過去6回のうち4回が中止されている。今回も新型コロナウイルスの感染状況によって中止または延期となる場合がある。

過去の「スルッとKANSAIバスまつり」の実施状況

  • 2021年「第21回スルッとKANSAI電車&バスまつり」:新型コロナウイルス感染拡大のため中止(9月12日・奈良市)
  • 2020年「第20回スルッとKANSAI電車&バスまつり」:新型コロナウイルス感染拡大のため中止(6月14日・吹田市)
  • 2019年「第19回スルッとKANSAIバスまつり」:開催(6月16日・京都市)
  • 2018年「第18回スルッとKANSAIバスまつり」:台風接近により中止(9月30日・京都市)
  • 2017年「第17回スルッとKANSAIバスまつり」:台風接近により中止(9月17日・神戸市)
  • 2016年「第16回スルッとKANSAIバスまつり」:開催(9月25日・堺市)

平群町内でダイヤ変更 5月16日から

エヌシーバスは、5月16日から平群町内の一部系統(平群住宅線、近畿大学奈良病院線)の運行時刻を変更する。

  • [97]緑ヶ丘循環と[96]東山駅-近畿大学奈良病院系統の平日11時台の各1便を統合し、[99]東山駅→緑ヶ丘北→東山駅→近畿大学奈良病院系統として運行する。
  • 上記系統([96][97][99])の平日14時台の運行時刻を変更する。
  • 土日祝日の[95]元山上口駅-かんぽの宿大和平群系統の運行時刻を変更する。新たに8時台、16時台に運行し、11時台、13時台は運行を取りやめる。

高速バス奈良名古屋線の一部をトイレ・Wi-Fi設備のない車両で運行

奈良交通と名鉄バスは、高速バス奈良名古屋線の一部の便をトイレ・Wi-Fi設備のない車両(観光バス)で運行する。

  • 実施日:2022年5月14日、15日、21日、22日、28日、29日
  • 対象の便:
    • 名鉄バスセンター発 7:40
    • JR奈良駅発 11:50
      (いずれも名鉄バスの担当)

上記の便に限り亀山パーキングエリアで10分程度停車するため、到着時刻が所定より10分程度遅くなる。

サイクル&バスライド実証実験を白土町でも実施

奈良交通は、2月から奈良市内の2か所で実施している「サイクル&バスライド」の実証実験を、白土町停留所でも実施する。

「サイクル&バスライド」は、自宅などからバス停付近の駐輪場まで自転車で移動し、そこから路線バスに乗り換えて目的地に向かう移動方法である。

白土町での実証実験の詳細は下記のとおり。

  • 実施期間:2022年5月10日~11月10日(延長の場合あり)
  • 対象停留所と駐輪場、利用時間:
    • 白土町(奈良交通奈良営業所敷地内駐輪場、5時~25時(最終バス発車後まで))
  • バス利用者の駐輪は無料。ただし利用には事前申し込みが必要。