nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「停留所廃止」に関する記事

コミュニティバスの話題 時刻変更など

桜井市コミュニティバス

10月1日から西北部循環線の平日の運行を減便し、桜井駅北口11:32、14:32は取りやめる。

広陵元気号

10月1日から南部支線の経路と運行時刻を変更する。

  • 百済神主、百済新子停留所を休止する。
  • 百済二条停留所を移設する。

木津川市コミュニティバス(かもバス当尾線)

JRのダイヤ改正に合わせて、10月2日から運行時刻を変更する。

2021年10月1日ダイヤ変更(奈良・平城)

奈良交通は10月1日に、ダイヤ変更を実施する。

奈良・平城・北大和・西大和営業所管内の路線では、土曜日・日祝日ダイヤで大幅な減便を実施する。

今回減便する路線の多くは2020年3月・6月に大幅な減便を実施したが、利用状況に応じてさらなる減便に踏み込む。終日にわたって時間あたりの運行本数が1~2本少なくなる路線があるほか、日中の運行本数が半分になる路線もある。

今回の減便について奈良交通は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が直接の原因ではないものの、運行本数に利用が伴っていなかったという長年の課題に対応したとしている。

主な変更内容は下記のとおり。

  • 県北西部・学研都市の48路線を対象に土日祝日で約16%の減便を実施
  • 加茂線の奈良-加茂の運行を毎時1本程度に減便(平日・土日祝日とも)
  • 上記減便の見合いとして奈良-梅美台の系統を新設(平日・土日祝日とも)
  • R169ゆうゆうバスは土日祝日も各停留所に停車する。

この記事では、奈良・平城営業所担当路線の変更内容を掲載します。

他の営業所の担当路線の変更内容については、下記の記事を参照してください。


(六条山線の最終時刻について、一時、誤った時刻を掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。(2021年9月30日))

奈良営業所

奈良白土線・奈良イオンモール線

土日祝日の朝・夕方以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 近鉄奈良駅-神殿の間は、日中・夕方は毎時4本、夜間は毎時2~4本の運行とする。

平日は、夜間のイオンモール大和郡山発[86]近鉄奈良駅行きの発車時刻を一部変更する。

奈良天理線

土日祝日の終日にわたって減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 朝夕で運行区間を一部短縮する(天理駅発着を下山、窪之庄発着に変更)。
  • 奈良-天理の系統は、日中以降往復ともおおむね毎時1本の運行とする。
  • JR奈良駅-下山の間は日中30分毎で運行する(現行20分毎)。

山村線

土日祝日の日中以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 藤原台・山村町方面は日中30分毎で運行する(現行20分毎)。
  • 鹿野園町方面は減便せず、運行時刻のみ変更する。
  • 鹿野園町7:21発[61]JR奈良駅行きは、土曜日のみ運行から、土日祝日運行に変更する。

恋の窪町線

土日祝日の夕方以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

阪奈道路線

土日祝日の近鉄奈良駅発[162]大和西大寺駅南口行きの発車時刻を変更する。

  • 18:25 → 18:10

奈良西大寺線・法華寺線

土日祝日の朝・夜間で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 土日祝日は、ほぼすべて[14]JR奈良駅西口-航空自衛隊-大和西大寺駅系統で運行する。
    (早朝の航空自衛隊発[13]JR奈良駅西口行き2本を除く)
  • JR奈良駅西口発の最終時刻を早める。
    • 21:45([13]航空自衛隊行き) → 21:14([14]大和西大寺駅行き)

六条山線

土日祝日の終日にわたって減便するほか、運行時刻を変更する。

  • [64]西ノ京駅-奈良県総合医療センター系統を約4割減便する。
  • 西ノ京駅-奈良県総合医療センターの間は、往復とも日中はおおむね毎時3本(現行3~4本)、朝夕は毎時3~5本(現行5~7本)の運行とする。
  • [72]高畑町-奈良県総合医療センター系統を取りやめ、[63]県庁前-奈良県総合医療センター系統で運行する。
  • 土曜日と日祝日の運行時刻を共通にする。
    日祝日は、奈良県総合医療センター発の始発は早まり、西ノ京駅発の最終は遅くなる。
    • 奈良県総合医療センター発 始発
      土曜日6:15([63]県庁前行き)、日祝日6:50([77]春日大社本殿行き) → 土日祝日6:15([64]西ノ京駅行き)
    • 西ノ京駅発 最終
      土曜日22:42、日祝日22:27 → 土日祝日22:42(22:27発は取りやめ)

(青字部分を修正しました。(2021年9月30日))

天理シャープ線

土日祝日の日中(11時台~15時台)の運行を取りやめる。

笠置線

停留所などの移設・廃止・改称

上狭川停留所を南に100m移設し、自由乗降指定地を1か所廃止する。

  • 廃止停留所:(自由乗降指定地)西狭川口

下記の自由乗降指定地を、周辺の実態に合わせて改称する。

  • 狭川幼稚園 → 九頭神社
  • 九頭神社 → 狭川スポーツ広場入口

運行時刻の変更

停留所などの移設・廃止にあわせて、下狭川、広岡行きのみ上狭川→下狭川、広岡の運行時刻を2分早める(平日・土日祝日とも)。

平城営業所

青山住宅線

土日祝日の朝・夕方以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 終日にわたって往復とも毎時2~3本の運行とする。
  • [81]青山住宅-大安寺系統を取りやめ、[118]青山住宅-JR奈良駅西口系統で運行する。

平日は、夕方以降の青山住宅発[118]JR奈良駅西口行きの運行時刻を一部変更する。

ハーモニーシティ木津線

土日祝日の日中と夜間で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 日中(9時台~15時台)は運行本数を半分にし、往復とも毎時1本の運行とする。

平日は、州見台八丁目発近鉄・JR奈良駅方面行きの運行時刻を変更する。

佐保山線

土日祝日の運行本数を約4割減らし、終日にわたって往復とも毎時1本程度の運行とする。

  • 下記の便の運行時刻を変更する
    • JR奈良駅西口発[115]高の原駅行き 21:47 → 21:27
    • 高の原駅発[115]JR奈良駅西口行き 8:36 → 8:35

平日は、JR奈良駅西口発[115]高の原駅行きの運行時刻を一部変更する(15:48→15:55)。

加茂線

平日・土日祝日とも奈良-加茂の系統を大幅に減便し、終日にわたって往復とも毎時1~2本の運行とする。

  • ほとんどの便は梅美台五丁目経由([208][209])で運行し、梅美台二丁目経由([108][109]急行[109])は朝のJR奈良駅西口行きのみ運行する。
  • 減便の見合いとして、朝と夕方以降に[107]加茂駅-南加茂台五丁目系統を増便するほか、奈良と梅美台地区を結ぶ系統を新設する。
  • 経由地の変更や系統の新設により、奈良と梅美台地区(関西光科学研究所-梅美台三丁目)の間は朝と夕方以降で増便となる。

系統の新設

  • [210]JR奈良駅西口→梅美台二丁目→関西光科学研究所→JR奈良駅西口(梅美台循環・外回り)
  • [211]梅美台二丁目→関西光科学研究所→JR奈良駅西口(平日朝のみ)
  • [212]JR奈良駅西口→梅美台二丁目→関西光科学研究所(土日祝日夜間のみ)

片道系統に変更

  • [109]加茂駅→梅美台二丁目→JR奈良駅西口

運行方向を変更

  • [108]南加茂台五丁目→梅美台二丁目→JR奈良駅西口

学園前高の原線

土日祝日の朝・夕方以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 学園前駅-東登美ヶ丘一丁目の間は、日中以降往復とも毎時2~3本の運行とする。

平日は、朝と夜間の運行時刻を一部変更する。

学園前北線

土日祝日の朝・夕方以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 終日にわたって往復とも毎時2~3本の運行とする(東登美ヶ丘六丁目東発21時台は運行なし)。

平日は、朝の学園前駅発[6]東登美ヶ丘六丁目東行きの運行時刻を一部変更する(7:22→7:19)。

平城団地線

神功四丁目方面は、土日祝日の朝・夕方以降の運行時刻を変更するほか、同時間帯で兜台一丁目経由の[7]系統を減便する。

[16][17]左京循環は、土日祝日の終日にわたって減便するほか、運行時刻を変更する。外回り・内回り合わせて日中以降は毎時2~3本の運行とする。

高の原梅美台線

土日祝日の朝・日中で減便するほか、夜間の運行時刻を変更する。

  • 日中の[31]高の原駅-梅美台三丁目系統を取りやめ、[33]高の原駅-木津駅東口系統のみ運行する。
    この時間帯は毎時1本の運行とする。

平日は、朝夕の運行時刻を一部変更するほか、梅美台三丁目18:03発[31]高の原駅行きを取りやめる。

相楽ニュータウン線

土日祝日の朝・夕方以降で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 夕方・夜間の運行を半減し、日中から夜間まで往復とも毎時2本の運行とする。

学園前相楽線

相楽ニュータウン線の減便に伴い、土日祝日夕方以降の運行時刻を変更する。

押熊線

土日祝日の終日にわたって減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 日中(11時台~15時台)は約30分毎、夕方は20分毎で運行する(現行日中20分毎、夕方約15分毎)
  • 土曜日と日祝日の運行時刻を共通にする。
    大和西大寺駅発の最終時刻を下記のとおり変更する(土曜日は最終時刻が早まる)。
    • 土曜日23:50、日祝日23:27 → 土日祝日23:27

平日は、夕方の運行時刻を一部変更する。

祝園登美ヶ丘線・光台住宅線・精華台住宅線

トチノキ通り経由([36][56]急行[46]系統)

土日祝日の終日にわたって減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 日中の[36]光台循環を毎時2本から1本に減便する。祝園駅-光台方面は日中毎時3本の運行となる。
  • 夕方・夜間の[56]祝園駅-学研奈良登美ヶ丘駅系統は、毎時1本を[36]光台循環に変更する。

平日は、朝と夕方以降で減便し、運行時刻を変更する。

  • 祝園駅21:40発[36]光台循環を取りやめ、21:50発[56]学研奈良登美ヶ丘駅行きを21:40発に変更する。

学研都市精華台経由([38][59]系統)

土日祝日の朝・夜間で減便するほか、運行時刻を変更する。

  • 夕方・夜間の[59]祝園駅-学研奈良登美ヶ丘駅系統は、毎時1本を[38]祝園駅-学研都市精華台系統に変更する。

平日は、朝・夜間で減便し、運行時刻を変更する。

  • 祝園駅21:40発[38]学研都市精華台行きを取りやめ、21:50発[59]学研奈良登美ヶ丘駅行きを21:40発に変更する。

和束木津線

平日・土日祝日とも、下記の便の運行時刻を変更する。

  • 加茂駅発 13:13、14:13、15:13 → 12:49、13:49、14:49
  • 和束町小杉発 15:22、16:22 → 14:50、15:50

10月1日ダイヤ変更 桜井飛鳥線・五條城戸線で一部区間廃止

奈良交通は10月1日から一部の路線で運行系統、運行時刻を変更する。主な内容は次のとおり。

  • 桜井飛鳥線の運行区間を「桜井駅南口-明日香奥山・飛鳥資料館西」に変更
  • 五條城戸線の城戸-西吉野温泉を廃止
  • 下市平原線を減便
  • 京田辺市東部循環線を草内口経由に変更

桜井飛鳥線

飛鳥資料館-石舞台の区間を廃止し、運行区間を桜井駅南口-明日香奥山・飛鳥資料館西に変更する。また、観光シーズンを除いて、土曜・日曜・祝日の運行を取りやめる。

  • 新設系統 [36]桜井駅南口-明日香奥山・飛鳥資料館西
  • 廃止系統 [37]桜井駅南口-石舞台
  • 廃止停留所 奥山、八釣、明日香小原、万葉文化館、治田神社

土曜・日曜・祝日は下記の期間のみ6往復運行するが、それ以外の日は運行しない(平日は通年3往復運行する)。

  • 4月1日から5月31日まで
  • 9月第3土曜日から11月第3日曜日まで

五條城戸線

城戸-西吉野温泉の区間を廃止する。

  • 廃止系統 [11]五條バスセンター-五條病院玄関口-西吉野温泉
  • 廃止停留所 西吉野温泉口、むすばれ橋、西吉野温泉

廃止系統は[12]五條バスセンター-五條病院玄関口-城戸系統に置き換える。

下市平原線

平日の下市口駅発12:20、14:36と、平原発12:53、15:08の運行を取りやめる。

改正後は平日2往復の運行となる(下市口駅発7:08、15:50、平原発7:41、16:23)。

京田辺市東部循環線

「中部住民センターせせらぎ」への利便性を良くするため、府営田辺団地-東田辺の運行経路を草内口経由に変更する。

  • 新設停留所 美禅(内回りのみ)、草内口、東、田辺高校
  • 移設停留所 東田辺(内回りのみ停車から両方向停車に変更)
  • 廃止停留所 加波羅橋前

天理桜井線

  • 平日桜井駅発12:00の[62]天理駅行きを[64]天理駅経由憩の家外来棟行きに変更する。
  • 平日天理駅発12:28の[66]憩の家外来棟行きは、上記の桜井駅発12:00の[64]系統に変更する(天理駅発は12:30)。

その他

  • 橿原市役所前-大和八木駅間に「ミグランス橿原市役所分庁舎」停留所を新設する。大和八木駅行きのみ停車する。
  • 同志社線の[99]三山木駅→同志社大学正門→三山木駅系統が高木に停車する。
  • 上記のほか、下記の系統で運行時刻を変更する。
    天理大学線[文]天理駅-天理大学(16時台のみ)
    三山木高船線[90]三山木駅-水取(区間時分のみ変更)
    智辯スクール線 [文]五條バスセンター-智辯学園

10月1日に新設された「ミグランス橿原市役所分庁舎」停留所。停留所標識や時刻表などは上屋の柱に直接貼りつけている。奥は橿原市コミュニティバスの停留所。

5月1日ダイヤ変更 県総合医療センター移転のため

5月1日に奈良県総合医療センターが奈良市七条西町に移転開院するのにあわせて、奈良交通は「七条西町」停留所を「奈良県総合医療センター」に改称する。各方面からのバス路線は、移転開院に先立ち3月17日から運行している。

なお、移転前の総合医療センターへの路線は廃止し、「県総合医療センター口」停留所を「宝来三丁目」に改称する。

停留所名の変更・廃止

  • 【変更】七条西町→奈良県総合医療センター
  • 【変更】県総合医療センター口→宝来三丁目
  • 【廃止】県総合医療センター

廃止する系統

  • [39]尼ヶ辻駅-県総合医療センター

このほか「法隆寺門前」停留所を「法隆寺参道」に改称し、真美ヶ丘線の運行時刻を一部変更する。

停留所名の変更

  • 【変更】法隆寺門前→法隆寺参道

運行時刻の変更

  • 【平日】馬見南二丁目発[32]五位堂駅行きのうち7:08発を7:03発に、8:04発を8:06発に変更する。
  • 【平日】馬見北一丁目発[34]五位堂駅行きのうち7:03発を6:58発に、7:59発を8:02発に変更する。

コミュニティバスの話題

新年度を迎え、4月1日から県内各地のコミュニティバスで路線変更などが実施される。

橿原市コミュニティバス

土日祝日に運行する便は、飛鳥資料館、明日香奥山への乗り入れを取りやめ、明日香小山を経由して橿原神宮前駅(中央口)まで運行する。明日香小山から橿原神宮前駅の間に途中停留所はない。

このほか、奈良医大病院停留所の名称を、奈良交通路線バスと同じ「医大病院玄関口」に変更する。

  • 停留所の新設・廃止(コミュニティバス停留所としての新設・廃止)
    新設:明日香小山、橿原神宮駅
    廃止:南山町南、山田寺前、飛鳥資料館、明日香奥山
  • 系統の新設・廃止
    • 新設系統(いずれも土日祝日に運行)
      大和八木駅-明日香小山-橿原神宮前駅
      大和八木駅-奈良文化財研究所藤原宮跡資料室前-橿原市昆虫館-明日香小山-橿原神宮前駅
      大和八木駅-橿原市昆虫館-明日香小山-橿原神宮前駅
    • 廃止系統
      大和八木駅-奈良文化財研究所藤原宮跡資料室前-橿原市昆虫館-明日香奥山

なお、橿原市はコミュニティバスの名称を「かしはらしコミュニティバス」と市名の部分をひらがな表記に変更している。

桜井市コミュニティバス

多武峯線の高齢者総合福祉センター停留所を「桜井市総合福祉センター」に改称する。

平群町コミュニティバス

運行ルートを3路線から2路線に再編し、経路と運行時刻を変更する。

  • 運行ルート
    旧)西山間ルート、南ルート、南北循環ルート
    新)西山間ルート、南北循環ルート
  • 廃止停留所:ゆめさとこども園、かんぽの宿大和平群