nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

新型コロナウィルス感染拡大の影響(春の臨時バス)

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、奈良交通は春の臨時バスの一部の運行を取りやめる。そのほか、運行日・運行本数の変更も実施する。

(この記事は5月7日現在の情報にもとづいて作成しています。新しい情報が確認でき次第追記します。)

臨時バスの運行とりやめ

下記の臨時バスは、運行を取りやめる。

  • 五位堂駅-馬見丘陵公園(※:定期バスは区間を短縮して運行)
  • 榛原駅-高見の郷
  • 室生口大野駅-室生寺(※)
  • 長谷寺門前-室生寺
  • 長谷寺駅-長谷寺門前
  • 三本松駅-滝谷花の郷
  • 法隆寺駅-法隆寺参道(※)
  • 桜井駅北口-笠荒神
  • 富雄駅-霊山寺

(※)定期バスは運行。

運行日・運行本数の変更

吉野山への臨時バス(近鉄吉野駅-吉野中千本公園)は4月19日まで運行し、その後の運行は取りやめる。当初は4月30日まで運行する予定だった。

信貴山のどか村への臨時バス(王寺駅-信貴山下駅-信貴山のどか村)は、4月18日から5月31日まで運休する。運休開始当初は運休期間を5月6日までとしていた。

天川村内線(洞川温泉-天川川合・天の川温泉駐車場)は、5月2日から5月6日まで運休する。