nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「朱雀」に関する記事

特別仕様貸切バス「白虎」「玄武」 10月1日から運行

奈良交通は、10月1日から特別仕様貸切バス「白虎」「玄武」の運行を始める。このほど、両車を使用したバスツアーの予約を開始した。

2019年の「朱雀」、2020年3月の「青龍」に続くもので、4台の特別仕様貸切バスを「四神」シリーズとして展開することが予定されている。

車両の外装は「白虎」が白、「玄武」は黒を基調にしている。

特別仕様貸切バス「青龍」を公開

奈良交通はこのほど、3月から運行する特別仕様貸切バス「青龍」を公開した。複数の報道機関が報じた。

車種はいすゞガーラスーパーハイデッカで、外装と内装は上品な色調の青色で統一されている。客席数は32席と、従来のバスに比べてゆとりのある空間が特長である。

大阪営業所に配属され、「大阪200を・・・7」と大阪ナンバーで登録されている。

奈良交通では特別仕様貸切バス4台を「四神」シリーズとして展開することを予定している。

「青龍」は 2019年4月に導入した「朱雀」に続くもので、残る「玄武」と「白虎」は2020年度中に導入する計画である。

特別仕様貸切バス「青龍」導入 2020年3月に

奈良交通は2020年3月に特別仕様貸切バス「青龍」を導入する。日本経済新聞が報じた。

2019年春に導入した「朱雀」に続くもので、 ワンランク上のサービスを提供する自社のバスツアーなどで使用する。

車両の内外装は「朱雀」が赤を基調としているのに対し、「青龍」は青を基調にする。

奈良交通では、特別仕様貸切バス4台を「四神」シリーズとして展開することを予定している。「青龍」は「朱雀」に続く2台目の導入となる。

特別仕様貸切バス「朱雀」を公開

奈良交通は4月から運行する特別仕様の貸切バス「朱雀」をこのほど公開した。複数の報道機関が報じた。

車種はいすゞガーラスーパーハイデッカで、外装と内装は落ち着いた色調の赤色で統一されている。客席数は32席と、従来のバスに比べてゆとりのある空間が特長である。

登録番号は「奈良200あ・・・7」で、図柄入りナンバープレートを装着している。

「朱雀」を使ったツアーはすでに募集が始まっており、日帰りや1泊2日の旅行が企画されている。

特別仕様観光バス「朱雀」導入へ

奈良交通は4月までに特別仕様の観光バスを1台導入する。日本経済新聞が報じた。

車種はいすゞガーラスーパーハイデッカで「朱雀」の愛称を与える。順次3台追加して「四神」シリーズとして展開することを予定している。

乗客定員は32名に抑え、各席にコンセントやUSBポートを設置する。従来よりもワンランク上のサービスを提供する自社のバスツアーに使用する。

奈良交通は昨年、 旅行会社のクラブツーリズム向けの車両として「ロイヤルクルーザー四季の華『碧号』」 を導入している。