nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「西北部循環線」に関する記事

桜井市コミュニティバスのルートを再編

桜井市は6月1日にコミュニティバスの運行ルートを再編する。2015年から実施してきた実証運行の結果をもとに、下記のとおり変更する。

  • 「西北部循環線」を増便して土日祝日も運行する。
    乗客数が目標を上回ったことから平日の運行を3便から6便に増やす。また、土日祝日に3便運行する。
  • 「北循環線」を廃止して「西北部循環線」に統合する。
    北循環線は主な利用区間が西北部循環線と重複していることや、乗客数が目標を下回ったことから廃止する。
  • 「南循環線」の一部の便の運行時刻を変更する。

停留所新設の話題

奈良交通は12月1日に停留所を2か所新設した。

  • 西大和団地線、王寺五位堂線のアピタ西大和-上牧出合間に「三軒屋(さんげんや)」停留所を新設した。
  • 桜井市コミュニティバス西北部循環線の纒向県営住宅-東田間に「大豆越(まめごし)」停留所を新設した。

桜井市コミュニティバスのルートを再編

桜井市は6月1日にコミュニティバスの運行ルートを再編した。主な変更点は下記のとおり。

  • 朝倉台線と桜井初瀬線を統合し、「初瀬・朝倉台線」に変更した。桜井駅の発着を南口から北口に変更したほか、初瀬地区の終点を吉隠柳口まで延長した。
  • 朝倉台線の一部を変更し、桜井駅周辺を周回する「北循環線」と「南循環線」を新設した。9時より前に仁王堂(済生会中和病院)に到着するようにダイヤを設定している。
  • 大泉・纏向方面に乗り入れる「西北部循環線」を新設した。
  • 循環路線に「咲(さ)ーくるライン」の愛称を付けた。
  • ルートの再編により一部区間の運賃を改定したほか、乗継割引制度を新設した。桜井駅で乗り継ぐ場合は2台目の運賃から190円(大人)を差し引く。