nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「通行止め」に関する記事

土砂崩れのため八木新宮線で一時折り返し運転

1月25日未明、十津川村桑畑の国道168号線で土砂崩れが発生し、現場付近は2月3日12時ごろまで通行止めとなった。

奈良交通は八木新宮線の一部区間を運休し、折り返し運転を実施した。(2月4日から通常の運転に戻っている。)

1月25日

大塔温泉夢乃湯-七色の区間を運休

大和八木駅-大塔温泉夢乃湯、七色-新宮駅の区間で折り返し運転。
(大塔温泉夢乃湯→大和八木駅の3便目は約20~30分遅延して運行。)

1月26日

大塔温泉夢乃湯-七色の区間を運休([301]大和八木駅→新宮駅系統の3便目は除く。)

大和八木駅-大塔温泉夢乃湯、七色-新宮駅の区間で折り返し運転。
(大塔温泉夢乃湯→大和八木駅の3便目は約20~30分遅延して運行。)

[301]大和八木駅発新宮駅行きの3便目は、大和八木駅からホテル昴まで運行。

1月27日~2月2日

ホテル昴-七色の区間を運休各便の運行は下記のとおり。

  • [302]新宮駅→大和八木駅
    • 1便目:新宮駅→七色、十津川温泉→大和八木駅間のみ運行。
    • 2便目:新宮駅→七色、大塔温泉夢乃湯→大和八木駅間を運行。
      ホテル昴→大塔温泉夢乃湯間は代行バスを運行。
    • 3便目:新宮駅→七色、ホテル昴→大和八木駅間のみ運行。
  • [301]大和八木駅→新宮駅
    • 1便目:大和八木駅→大塔温泉夢乃湯、七色→新宮駅間を運行。
      大塔温泉夢乃湯→ホテル昴間は代行バスを運行。
    • 2便目:大和八木駅→ホテル昴、七色→新宮駅間のみ運行。
    • 3便目:大和八木駅→ホテル昴、七色→新宮駅間のみ運行。

2月3日

ホテル昴-七色の区間を運休([301]大和八木駅→新宮駅系統の3便目は除く。)

通行止めは2月3日12時ごろに解除されたため、[301]大和八木駅→新宮駅系統の3便目は、通常どおり大和八木駅から新宮駅まで運行した。

各便の運行は下記のとおり。

  • [302]新宮駅→大和八木駅
    • 1便目:新宮駅→七色、十津川温泉→大和八木駅間のみ運行。
    • 2便目:新宮駅→七色、大塔温泉夢乃湯→大和八木駅間を運行。
      ホテル昴→大塔温泉夢乃湯間は代行バスを運行。
    • 3便目:新宮駅→七色、ホテル昴→大和八木駅間のみ運行。
  • [301]大和八木駅→新宮駅
    • 1便目:大和八木駅→大塔温泉夢乃湯、七色→新宮駅間を運行。
      大塔温泉夢乃湯→ホテル昴間は代行バスを運行。
    • 2便目:大和八木駅→ホテル昴、七色→新宮駅間のみ運行。
    • 3便目:通常どおり運行。

2月4日から通常どおり運行している。

R169ゆうゆうバス通常の経路で復旧

R169ゆうゆうバスは、6月24日の下桑原行きから通常の経路での運行を再開した。

下北山村上池原で発生した国道169号線の土砂崩れの影響で、4月1日から21日まで一部区間を運休し、4月22日から下北山スポーツ公園内の村道を経由して迂回運行していた。

土砂崩れがあった区間は応急の復旧工事が終わり、6月24日午前11時から片側交互通行ができるようになった。全面復旧のめどは立っていない。

R169ゆうゆうバス下桑原まで運行再開

奈良交通は4月1日からR169ゆうゆうバスの一部区間(白川-下桑原)を運休していたが、4月22日の下桑原行きから全線の運行を再開した。

今回の運休は、下北山村上池原の国道169号線で土砂崩れが発生したことによるものだが、国道の通行止めは4月23日現在まだ続いている。

R169ゆうゆうバスは池原ダム-池原の区間を、下北山スポーツ公園内の村道を経由して迂回運行している。

R169ゆうゆうバス一部運休

国道169号線は、下北山村上池原で土砂崩れが発生したため、4月1日から池原-上池原の区間で通行止めが続いている。

奈良交通は、同日からR169ゆうゆうバスの一部区間を運休している。4月7日現在、白川-下桑原の間を運休している。福神駅-白川の間は運行している。

八木下市線で一時部分運休 芦原トンネル通行止めの影響

国道169号線の芦原トンネル(南向き一方通行)は、壁面のコンクリートが崩れた影響で通行止めが続いている。

奈良交通は、11月30日から12月6日午前にかけて八木下市線・大和八木駅発下市口駅行きのうち、壺阪寺口→芦原の区間を運休した。(下市口駅発大和八木駅行きは通常どおり運行していた。)

12月6日11時すぎからは、通常は北向き一方通行で使用している新芦原トンネルが対面通行できるようになったため、バスは通常運行に戻っている。

なお、芦原トンネルの復旧の見通しは立っていない。