nako-club

奈良交通の私設ファンクラブ「nako-club」がつくるページです

「消費税」に関する記事

乗合バス運賃改定認可

国土交通省は3月4日、消費税率引上げに伴う鉄道事業者及び乗合バス事業者の運賃・料金の変更を認可した。これを受けて、奈良交通とエヌシーバスは4月1日から乗合バスの運賃を改定する。

(運賃改定の詳細は、2013年12月14日の記事「消費税率引き上げに伴う運賃改定を申請」を参照)

高速バス名古屋線運賃改定を届出

奈良交通はこのほど、国土交通省に高速バス名古屋線の運賃改定に係る変更届出を行った。4月1日からの消費税率引き上げによる増税分を運賃に転嫁する。

実施予定日 2014年4月1日

高速バス名古屋線運賃の申請額 (大人)

区間 現行 改定
JR奈良駅・天理-名鉄バスセンター 片道 2,500円 2,550円
往復 4,000円 4,100円

リムジンバス運賃改定を届出

奈良交通は2月18日、国土交通省にリムジンバスの運賃改定に係る変更届出を行った。4月1日からの消費税率引き上げによる増税分を運賃に転嫁する。

乗合バスの運賃については2013年12月に申請している。

実施予定日 2014年4月1日

リムジンバス運賃の申請額 (大人)

路線名 主な区間 現行 改定
奈良関空線 JR奈良駅・天理-関西空港 2,000円 2,050円
学研関空線 学研けいはんなプラザ・学園前駅-関西空港 2,000円 2,050円
八木関空線 桜井駅・八木駅-関西空港 1,900円 1,950円
大阪空港線 天理駅-関西空港 1,680円 1,730円
JR奈良駅・阪奈宝来-大阪空港 1,440円 1,480円
第二阪奈生駒-大阪空港 1,150円 1,180円

消費税率引き上げに伴う運賃改定を申請

奈良交通は12月9日、乗合バスの運賃改定を国土交通省に申請した。2014年4月1日からの消費税率引き上げによる増税分を運賃に転嫁する。

奈良・平城均一区間運賃を200円から210円に引き上げるほか、その他の路線では490円以下の区間運賃を10円引き上げる。一方、運賃改定による増収が増税分を超えないようにするため、普通CI-CAと通勤・通学定期券の割引率を拡大する。

なお、紙式回数券とひまわりCI-CAの割引率、フリー乗車券とゴールド倶楽部定期券の発売額は据え置く。定期観光バス、リムジンバス、高速バス、コミュニティバスの運賃については未定である。

申請どおり認可されれば、運賃改定は2009年12月以来約4年ぶりとなる。

実施予定日

2014年4月1日

乗合バス運賃の申請額 (大人)

区間 現行 申請 引き上げ幅
奈良・平城均一 200円 210円 10円引き上げ
その他の区間 180円~490円 190円~500円 各区間10円引き上げ
500円~ 500円~ (据え置き)

普通CI-CAの割引率改定

普通CI-CAの割引率を9.1%から12.3%に拡大する。

券種 現行 申請
1,000円 1,100円 1,140円
2,000円 2,200円 2,280円
3,000円 3,300円 3,420円
5,000円 5,500円 5,700円

通勤・通学定期券の割引率改定

通勤定期券の割引率を25.0%から26.5%に、通学定期券の割引率を40.0%から41.5%に拡大する。

(当初「定期観光バス、リムジンバス、高速バス、コミュニティバスの運賃は据え置く」と記載しておりましたが、「定期観光バス、リムジンバス、高速バス、コミュニティバスの運賃については未定である」に訂正いたしました。訂正してお詫びいたします。(2014年2月19日))